メイジー・ヒロノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メイジー・ケイコ・ヒロノ
Mazie Keiko Hirono
広野 慶子
Mazie Hirono, official portrait, 113th Congress.jpg
生年月日 1947年11月3日(66歳)
出生地 日本の旗 日本福島県伊達郡睦合村(現・桑折町
所属政党 民主党
配偶者 レイトン・キム・オオシマ

任期 2013年1月3日 -

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国下院議員
ハワイ州第2選挙区選出
任期 2007年1月3日 - 2013年1月3日

任期 1994年12月2日 - 2002年12月2日
テンプレートを表示

メイジー・ケイコ・ヒロノ: Mazie Keiko Hirono、日本名:広野 慶子(ひろの けいこ)、1947年11月3日 - )は、アメリカ合衆国政治家ハワイ州下院議員、ハワイ州副知事連邦下院議員を務め、2013年1月から連邦上院議員。日本生まれの日系アメリカ人で、アメリカ史上初のアジア系女性上院議員となる。夫は弁護士のレイトン・キム・オオシマ。学位J.D.

1947年、福島県伊達郡睦合村(現・桑折町)に生まれる[1]。小学校1年生まで睦合村村立小学校に通う[2]。1955年、母親の広野千枝子が「酒乱でばくち打ち」の獣医の夫から逃れて3人の子供を連れてハワイに移住したのを契機に[1]、8歳の時からホノルルで育つ。貧しかったため裸足で小学校に通学し、新聞配達などをして家計を助けた。1959年にアメリカに帰化[3]

ハワイ大学マノア校心理学を学び1970年卒業、その後ワシントンD.C.ジョージタウン大学ロー・スクール(法科大学院)を1978年卒業、弁護士資格を取得した。1980年から1994年までハワイ州下院議員を務め、120以上の法案を通した。1994年からベン・カエタノ知事の下で副知事を2期務めた。カエタノはフィリピン系として初めての州知事であり、彼女自身もまた日系人一世としては初めての副知事だった。2002年のハワイ州知事選挙に民主党から立候補し、共和党女性候補リンダ・リングルと戦ったが惜敗した。2006年、連邦下院議員選挙にハワイ州第2選挙区で民主党から立候補し当選、2008年と2010年の選挙でも再選された。2012年、ハワイ州選出の連邦上院議員選挙に出馬、共和党候補は前知事のリンダ・リングルで10年前の知事選の再現となったが、今回は大差で当選、アジア系女性初のアメリカ上院議員となった[1][3]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
    ベン・カエタノ    
Flag of Hawaii.svg ハワイ州副知事
1994 - 2002
次代:
ジェームズ・アイオナ英語版
議会
先代:
ダニエル・アカカ
アメリカ合衆国の旗 ハワイ州選出連邦上院議員
2013 - 現職
次代:
先代:
エド・ケース英語版
アメリカ合衆国の旗 ハワイ州第2区選出連邦下院議員
2007 - 2013
次代:
タルシー・ギャバード英語版