メアリー・ダグラス・グラスプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メアリー・ダグラス・グラスプール(英語:Mary Douglas Glasspool、1954年2月23日-) は米国聖公会ロサンゼルス教区の補佐主教。彼女はアングリカン・コミュニオン初の主教按手を受けた公然の女性同性愛者である.[1]

経歴[編集]

グラスプールは1954年2月23日に、ニューヨークのスタテンアイランド病院でダクラスマレー・グラスプールとアン・ディキンソンの間に生まれた。同年にグラスプール一家はニューヨークのゴシェンに引越し、父親は聖ジェームズ教会で1989年に死ぬまでレクターを務めた。グラスプールは1976年マサチューセッツ州ケンブリッジのエピスコーパルディビニティスクール(the Episcopal Divinity School)に入学した。彼女は1981年6月に執事1982年3月に司祭按手を受けた。1981年にグラスプールはフィラデルフィアチェストナッツヒルの聖ポール教会のレクターのアシスタントとなり、1984年までその役職を務めた。彼女は1984年から1992年までボストンの聖ルーク・聖マーガレット教会(St. Luke's and St. Margaret's Church) のレクターを務め、そして1992年から2001年までアナポリスの聖マーガレット教会のレクターを務めた。 2001年には主教に仕える司祭としてメリーランド教区に召喚された。

2009年12月4日、カリフォルニア州リバーサイドでのロサンゼルス教区115回目の会議の7回目の投票でグラスプールは補佐主教として選出された[2]。2010年3月17日、管轄する主教オフィスは選挙が必要な同意を受けたと認めた[3]。その後、2010年5月15日にカリフォルニア州のロングビーチで主教按手を受けた[4]

グラスプールは聖公会で主教に選出された17人目の女性であり、初の公然のレズビアンである。聖公会での同性愛主教の議論が進んでいる状態にある中で、その任命は全世界の注目を受けている。

脚注[編集]