メアリー・ジョゼフィン・カフリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアリー・ジョゼフィン・カフリン
Mary Josephine Coughlin
生誕 1897年4月11日
アメリカ
死没 1986年4月16日
フロリダ州
配偶者 アル・カポネ
子供 アルバート・フランシス・カポネ
父:マイケル・カフリン、母:ブリジェット・ゴーマン
テンプレートを表示

メアリー・ジョゼフィン・カフリン(Mary Josephine Coughlin、1897年4月11日 - 1986年4月16日)はアル・カポネの妻。皆からメエ(Mae)と呼ばれていた。

来歴[編集]

建設労働者の父親マイケル・カフリンと母親のブリジェット・ゴーマンは、1891年アメリカに移民してきたアイルランド人。家族はウィニー・メエとミュリエルの2人の姉と弟のデニス(通称ダニー)。

キャロル・ストリートの地下室の小さなクラブで当時19歳のアル・カポネと出会う。アルとであったころ、彼女はデパートガールをしていた。後年になるまでカポネが梅毒にかかっていることも知らなかったという。

1918年12月4日アルバート・フランシス・カポネ(通称ソニー)を出産。出産後の12月30日ニューヨーク市ブルックリンのセント・メアリー・スター・オブ・ザ・シー教会で結婚式を行った。この時代はイタリア系とアイルランド系の結婚は珍しかった。メアリーの両親は最初カポネとの結婚は血筋も職業も気に入らず反対していたという。

アル・カポネがマイアミのパーム・アイランドに別荘を買ったときは、姑やアルの兄弟たちと共有ではなかったのでメエはうれしく思った。彼女は隣人に与える印象について気をつかったり、マイアミでは出かける先々で千ドル札を置いてきては商店の店主を喜ばせりした。しかし、そうした行動が逆に自分たちの正体を暴露することになってしまった。

1986年フロリダ州のハリウッド・ヒルズ老人ホームで死亡。89歳。