メアリー・イースティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メアリー・タウン・イースティMary Towne Eastey (EstyEastyEsteyEstye)、1634年8月24日 - 1692年9月22日)は、セイラム魔女裁判の犠牲者。姉妹のレベッカ・ナースサラ・クロイスも魔女として告発され、レベッカは処刑された。

生い立ち[編集]

イングランドノーフォークグレート・ヤーマスでウィリアム・タウンとジョアンナ(旧姓Blessing)の娘として生まれた。8人兄弟で家族で1640年頃アメリカ合衆国に移民した。1655年にマサチューセッツ州トップスフィールドアイザック・イースティと結婚した。夫は農家で、1627年11月27日にイングランドで生まれた。ジョゼフ(1657年 - 1739年)、サラ(1660年 - 1749年)、ジョン(1663年 - ?)、アイザック(1662年 - 1714年)、ハンナ(1667年 - ?)、ベンジャミン(1669年 - ?)、サミュエル(1672年 - ?)、ジェイコブ(1673年 - ?)、ジョシュア(1678年 - ?)、ジェフリー(1680年頃 - ?)、メアリーの11人の子供がいた。

告発と裁判[編集]

姉妹そろって敬虔で村の尊敬を集めており、告発は驚きをもたらした。1692年4月22日の尋問中、マーシー・ルイスの手を握り締めていた。マーシーはEasteyの亡霊がベッドに登り、胸に手を置いたと主張した。ジョン・ホーソーンジョナサン・コーウィン判事に、どこまで悪魔に魂を売ったと尋ねられ、"Sir, I never complyed but prayed against him all my dayes, I have no complyance with Satan, in this....I am clear of this sin.と返答した。[1]"

理由は不明だが、2ヶ月後の5月18日に釈放された。しかし、5月20日、ルイスはメアリーの亡霊が自分を苦しめていると主張し、他の少女も同調した。その夜、逮捕令状が出され、ベッドから引きづり下され、刑務所に戻された。メアリー逮捕後、ルイスの発作は止まった。裁判が行われ、9月9日に死刑を宣告、9月22日に執行された。以下は、裁判官へのメアリーの請願である。:

The humble petition of mary Eastick unto his Excellencyes S'r W'm Phipps to the honour'd Judge and Bench now Sitting in Judicature in Salem and the Reverend ministers humbly sheweth

That whereas your poor and humble petitioner being condemned to die Doe humbly begg of you to take it into your Judicious and pious considerations that your Poor and humble petitioner knowing my own Innocencye Blised be the Lord for it and seeing plainly the wiles and subtility of my accusers by my Selfe can not but Judge charitably of others that are going the same way of my selfe if the Lord stepps not mightily in i was confined a whole month upon the same account that I am condemned now for and then cleared by the afflicted persons as some of your honours know and in two dayes time I was cryed out upon by them and have been confined and now am condemned to die the Lord above knows my Innocence then and Likewise does now as att the great day will be know to men and Angells—I Petition to your honours not for my own life for I know I must die and my appointed time is sett but the Lord he knowes it is that if it be possible no more Innocent blood may be shed which undoubtidly cannot be Avoyded In the way and course you goe in I question not but your honours does to the uttmost of your Powers in the discovery and detecting of witchcraft and witches and would not be gulty of Innocent blood for the world but by my own Innocency I know you are in this great work if it be his blessed you that no more Innocent blood be shed I would humbly begg of you that your honors would be plesed to examine theis Afflicted Persons strictly and keep them apart some time and Likewise to try some of these confesing wichis I being confident there is severall of them has belyed themselves and others as will appeare if not in this wor[l]d I am sure in the world to come whither I am now agoing and I Question not but youle see and alteration of thes things they my selfe and others having made a League with the Divel we cannot confesse I know and the Lord knowes as will shortly appeare they belye me and so I Question not but they doe others the Lord above who is the Searcher of all hearts knows that as I shall answer att the Tribunall seat that I know not the least thinge of witchcraft therfore I cannot I dare not belye my own soule I beg your honers not to deny this my humble petition from a poor dying Innocent person and I Question not but the Lord will give a blesing to yor endevers.[2]

More Wonders of the Invisible World内でロバート・カレフは、"as serious, religious, distinct, and affectionate as could be expressed, drawing tears from the eyes of almost all present."と描いている。9月22日、マーサ・コリーアン・ピューディエイター、アリス・パーカー、メアリー・パーカーウィルモット・レッド、マーガレット・スコット、サミュエル・ウォードウェルらと、一連の魔女狩りの終了を絞首台上で祈りながら、絞首刑に処せられた。

死刑執行後の11月、メアリー・ヘリックは、イースティは無実であると証言した。イースティの家族は1711年に政府からの20ポンドの補償を受けた。夫は1712年6月11日に死亡した。

後年[編集]

  • 孫ダニエル・イースティはメアリーの裁判中に改名し、カナダミラミチへ出国した。
  • 映画『死霊館』の魔女として参考にされた。

参考文献[編集]

  1. ^ Examination of Mary Easty”. The Salem Witchcraft Papers, Verbatim Transcriptions of the Court Records. 2007年12月10日閲覧。
  2. ^ Petition of Mary Easty”. The Salem Witchcraft Papers, Verbatim Transcriptions of the Court Records. 2007年12月10日閲覧。

関連文献[編集]

  • Upham, Charles (1980). Salem Witchcraft. New York: Frederick Ungar Publishing Co., 2 vv., v. 2 pp. 60, 128, 137, 200-5, 324-7, 480.

外部リンク[編集]