メアリ・シーコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアリ・シーコール

メアリ・ジェーン・シーコールMary Jane Seacole1805年1881年5月14日)はヴィクトリア時代イギリスで活躍したジャマイカ出身のクレオール女性で、看護師

パナマ及びクリミアにおいて、母親から受け継いだ薬草の知識と伝統療法を用いて疾病の看護をおこなう傍ら宿を経営していたが、クリミア戦争における戦場医療の惨状を耳にし、自身の能力を活かせるだろうと考え、ボランティアの看護師として志願するため単身ロンドンへ赴いた。しかしながら、コレラの治療をはじめとした豊富な看護経験があったにもかかわらず、フローレンス・ナイチンゲール率いる看護師集団への参加は拒否された。

そのためシーコールは自身で旅費を工面し戦場へ向かい、前線における負傷者の扱いが余りにひどいことに衝撃を受けた。ナイチンゲールの看護師団は後方基地と野戦病院のあったスクタリを中心として活動していたのに対し、シーコールは前線へ赴き、戦火の中にあって敵味方隔てなく多くの負傷者を救った。[1]

この行動は当時の人々から賞賛を受けたが、ナイチンゲールとは対照的に、その死後は人々の記憶から消えてしまった。その業績が再評価されるようになるのは、その死からおよそ百年後のことであった。今日シーコールは、日本での知名度は極めて低いものの、その勇気と医療技術が評価されるのみならず、人種的偏見の根強かったヴィクトリア朝イギリスにおいてその苦難に耐えたクレオール女性の一人として語られている。

1857年に出版された口述筆記によるシーコールの自伝は、混血の女性のものとしては最初期の自伝とされている。

脚注[編集]

  1. ^ 英語版Wikipedia画像

外部リンク[編集]