ムーラン・ド・ラ・ギャレット (ルノワールの絵画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』
フランス語: Bal du moulin de la Galette
作者 ピエール=オーギュスト・ルノワール
制作年 1876年
素材 油彩、カンヴァス
寸法 131 cm × 175 cm (52 in × 69 in)
所蔵 オルセー美術館(パリ)

ムーラン・ド・ラ・ギャレット』(: Bal du moulin de la Galette)は、ルノワールが35歳のときに描いた絵画作品。1877年第3回印象派展に出品された作品でもある。題名のムーラン・ド・ラ・ギャレットは、パリのモンマルトルにあるダンスホールの名。画中の人物たちは、彼の友人たちがモデルになっている。

概要[編集]

当時、ルノワールはこのダンスホールの近くに住んでおり、アトリエから通いながら制作していた。だが、縦131センチ、横175センチもあるこの作品を持ち運ぶことは困難で、傷つく虞もあるため、ダンスホールには半分ほどのサイズのキャンヴァスを持って行った。そして、現場で描いた小さい方の絵を持ち帰り、これをもとにして、アトリエでは大きい方の絵を描いた。

上述の通り、画中の人物たちはルノワールの友人たちであり、名前が判明している人物を挙げると、手前の左側でダンスをしている黒い帽子の男性は、キューバの画家のカルデナス、そのカルデナスの相方の女性が当時ルノワールのお気に入りのモデルであったマルゴ、中央下側のベンチに座っている女性がエステル、そのエステルの背後にいる女性がエステルの姉のジャンヌであり、この姉妹は素人モデルであった。また、右側のテーブルに座っている3人の男性のうち、背を向けて姉妹と会話しているのが画家のフラン・ラミ、その向かい側でタバコを口にくわえているのが画家のグヌート、その右隣でメモを取っているのが批評家のリヴィエールである。

オルセー美術館の3階に展示され、『週刊・世界の美術館(2)オルセー美術館1』の表紙にも使われた『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』は、大きい方の絵である。大きい方の絵は、同じ印象派の画家仲間であったギュスターヴ・カイユボット(1848-1894)が購入。彼の死後、フランス政府に寄贈され、オルセー美術館に至る。一方、小さい方の絵は、1990年齊藤了英が7800万ドル(絵画史上、2位の価格)で落札した後、バブル経済の崩壊によって海外へ流出。外国の蒐集家スイスの人物と言われている)の手に渡った。

参考文献[編集]

  • 千足伸行監修、清水満郎編『週刊・世界の美術館(2)オルセー美術館1』講談社、2000年。
  • 島田信夫監著『まんが印象派の画家たち(1)』美術出版社〈アートコミック〉、1999年。

外部リンク[編集]