ムント塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムント塔

ムント塔ムントトーレン(Munttoren)は、オランダアムステルダムにあるである。アムステル川とシンゲル運河の合流点に位置する、六差路のムント広場(Muntplein)の西に建っている。

「ムント(Munt)」とは「貨幣、鋳貨する」を意味し、1672年フランスがアムステルダムを侵略した際、この塔を貨幣鋳造所として利用していた事に由来する。

塔は特別な許可がないかぎり、基本的に登ることは出来ない。1階はショップになっている。

歴史[編集]

17世紀までアムステルダムではシンゲル運河沿いに城壁が築かれ、街を取り囲んでいた。17世紀になり街は発展し城壁が取り払われたが、この塔だけが残された。後にこの塔の上に時計台が取り付けられ現在の姿となった。基の塔自体は15世紀頃に建てられた物である。

時計台[編集]

ムント塔のカリヨン

黒の文字盤に白文字の時計。カリヨン(組鐘)を持つ。