ムンディルファリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムンディルファリムンディルフェーリ[1]とも。古ノルド語: Mundilfäri。綴りは他に Mundilfari も)はヨートゥン北欧神話の巨人族)のひとり。『スノッリのエッダ』の「ギュルヴィたぶらかし」では、太陽の女神ソーウィローと月の神マーニの父にあたる[2]。自身の子供たちがあまりに美しいため、娘にソール(太陽)、息子にマーニ(月)という名をつけたことから、神々の怒りを買った。

土星の第25衛星ムンディルファリの名祖(なおや)である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』などにみられる表記。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』232頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]