ムワンザ・アガマトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムワンザ・アガマトカゲ
MC Siedleragame.jpg
オス、タンザニア
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊椎動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: アガマ科 Agamidae
亜科 : アガマ亜科 Agaminae
: アガマ属 Agama
: ムワンザ・アガマトカゲ A. mwanzae
学名
Agama mwanzae
Loveridge, 1923
シノニム

Agama agama mwanzae
Agama planiceps mwanzae

英名
Mwanza flat-headed rock agama

ムワンザ・アガマトカゲ(Agama mwanzae)は、タンザニアルワンダケニヤで見られるアガマ科のトカゲである[2]

半砂漠に生息し、岩や残丘の上で日光浴をしている姿がしばしば見られる。オスの頭、首、肩は明るい赤色か紫色、白色で、体は暗い青色である。メスはほぼ茶色で、アガマ科の他の種と見分けるのは難しい。しばしばレッドヘッドアガマ(Agama agama)と混同される[3]

この種は、全体の色がスパイダーマンと似ているために、ペットとして人気がある[4]

出典[編集]