ムロン・ド・ブルゴーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムロン・ド・ブルゴーニュ(Melon de Bourgogne)は、フランス西部のロワール川河口付近の、ミュスカデ地区で栽培されている、白ワイン用ぶどう品種である。

名前の通り、ブルゴーニュ地方でわずかに栽培されている品種であった。「ムロン」とは、このぶどうが、マスクメロンに似た香りを持っていることに由来する。

1709年にフランスをおそった異常気象(厳冬)で、ロワール地方ペイ・ナンテ地区(ロワール=アトランティック県県庁所在地ナント市を中心にした地区)のぶどうが凍害によって壊滅的な被害を受け、その後に植えられたのが、さほど大した個性はないものの、寒さにはめっぽう強いこの品種であった。

やや刺激性のある強い酸味を持ち、新鮮でそこそこのフルーツの香りを持つワインは、高級品としての個性がない代わりに、どんな料理とでも気軽に合わせやすく、特にロワール川河口付近でとれる生がきとの相性が良く、現在、ミュスカデ地区では、100%このぶどうを使った白ワインが大量に生産されている。

本来の産地であるブルゴーニュ地方でもわずかに栽培されているものの、ほかの地域では全く作られていない、ローカル色の非常に強いぶどう品種である。

関連項目[編集]