ムラカ動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムラカ動物園
Zoo Melaka
马六甲动物园
ZooMelakaGate.jpg
施設情報
管理運営 ISO 9001:2000, SEAZA[1]
面積 22ha
頭数 1200頭
種数 215種類
開園 1963年
1987年8月13日 (公立化)
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
マレーシアの旗 マレーシアムラカ州ムラカ
位置 北緯2度16分40秒 東経102度18分6秒 / 北緯2.27778度 東経102.30167度 / 2.27778; 102.30167座標: 北緯2度16分40秒 東経102度18分6秒 / 北緯2.27778度 東経102.30167度 / 2.27778; 102.30167
公式サイト zoomelaka.gov.my
テンプレートを表示
動物園の入口

ムラカ動物園 (ムラカどうぶつえん、英語: Malacca Zooマレー語: Zoo Melaka) はマレーシアムラカにある動物園である。

概要[編集]

動物園の総面積は22haであり、合計215種1200頭以上の動物が飼育されている[2]。ムラカ動物園はマレーシア国立動物園英語版 (Zoo Negara) に次いで国内で二番目に大きい動物園である[3]。2007年、Visit Malaysiaというキャンペーンが行われ、ムラカ動物園に619,194人が訪れ、最大集客記録となった[4]

歴史[編集]

1963年にマレーシア国立動物園と同時期に開園したが、1979年にマレーシア野生動物・国立公園庁英語版が管理を行うようになるまで公立の動物園ではなかった。公立化が行われたことで動物園の機能が強化され、公立のサービスは年々改善されている。ムラカ動物園は1987年に当時の首相であったマハティール・ビン・モハマドにより公立化が行われるまで野生動物の救助拠点となっていた。公立の動物園となって長い月日が立つものの、当初の役割であった救助拠点や動物の聖域としての役割は現在も変わらず果たしている[5][6][7]。動物園では多くの両生類爬虫類哺乳類昆虫などを飼育しており、ウル・クラン英語版にある国立動物園についで国内で2番目に大きい動物園となっている[3]

運営[編集]

ムラカ動物園はレッドリスト指定動物であるスマトラサイの展示を行ったマレーシア初の動物園である。ムラカ動物園では海外の動物も飼育しており、現在動物園ではシロサイアジアゾウレッサーパンダガウルカモシカリスザルインドニシキヘビオオカミモウコノウマミドリニシキヘビキリンルリコンゴウインコインドシナトラマレートラなどを見ることができる[8][9][10]

現在ではムラカ動物園はムラカ観光の目玉の一つであり、公式の観光サイトにおいても紹介されている[11]。現在、ムラカ動物園には毎年400,000人、1日平均1,093人の人々が観光に訪れる[2]。しかし、2007年にはキャンペーンが行われた結果、年間619,194人、1日平均1,619人とおよそ1.5倍の人々が観光に訪れた。これは開園以来最多記録であり、3,990,000RM (886,666アメリカ合衆国ドル) 、1日平均130,000RMの収益を挙げた[4]。標識を付けた外国の植物や国内の希少な植物を植え多雨林のような環境の再現も行なっており、気温が高い日が続く中動物にとって健康的で涼しく快適な環境の維持も行なっている。また、交通機関との連携サービスも行なっており、動物園のチケットを利用することでトラムを使用して他の場所に行く際に2.00 RMの割引が行われる。また、動物園にはミニサファリの物見櫓付近にA&Wカフェテリアなどの飲食施設がある。

育成計画[編集]

ムラカ動物園は絶滅危惧種の個体数増加を促進するため繁殖に関していくつかのプログラムを実行している。

マレートラ (Panthera Tigris Malayenis) がトラの亜種として発見されて以降、動物園は40頭のトラの子供を育て上げアメリカ合衆国など世界の様々な地域に提供している。Mek Degongとその番であるAwang Relakは2004年にサンディエゴ動物園に寄贈された[12][13]。この他、国内外の動物園に提供される場所が決定されるまで一時的に留め置かれる動物の聖域として使用されている[5]

アトラクション[編集]

動物園のアトラクションとしては以下のようなものがある。

  • ミニサファリ[14]
  • 複数の動物によるショー[15]
  • ゾウのショー
  • ゾウ、ウマ乗り
  • 出口付近の売店
  • 夜の動物園[16]

位置[編集]

ムラカ動物園はムラカ州の入口にあるLebuh Ayer Kerohの傍のAyer Kerohという街にある。ムラカからは約13kmの地点である。ムラカ動物園はAyer Kerohワニ飼育園やムラカ国際貿易センター英語版サアド財団大学英語版ムラカ市立医科大学英語版などに隣接している。高速道路にはミナンカバウデザインの目立つ案内板がある。

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SEAZA Membership List”. SEAZA.org. 2013年2月16日閲覧。
  2. ^ a b - Malacca Zoo Zoo Melaka info”. Cuti.com.. 2013年2月16日閲覧。
  3. ^ a b Melaka Zoo's history.
  4. ^ a b Utusan Malaysia. Malacca Zoo's report at a notable Malay Paper. The News
  5. ^ a b Kelantan --The Star
  6. ^ A gharial mission --The Star
  7. ^ Crocodile capture The Star
  8. ^ List of mammals --Mammals.
  9. ^ List of birds --Birds.
  10. ^ List of Reptiles --Reptiles.
  11. ^ Malacca Zoo at Tourism Malaysia --Malacca Zoo Zoo
  12. ^ Mek Degong”. San Diego Zoo. 2013年2月16日閲覧。
  13. ^ Awang Relak's surgery”. latimes.com. 2013年2月16日閲覧。
  14. ^ Zoo Melaka --Mini Safari
  15. ^ Malacca Zoo's Attraction --Attractions/Activities
  16. ^ Malacca Zoo --Night Zoo notification

外部リンク[編集]