ムピカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムピカはザンビア北部州 (Northern) の州南部にある。

ムピカ(Mpika)はザンビア共和国北部州(Northern)の町。州都カスマムバラ に通じるグレート・ ノース・ロードタンザニアダルエスサラームに続くタンザム・ハイウェイのジャンクション地点に位置する。

町から約5km地点にはタンザン鉄道(タザラ鉄道)のムピカ駅がある。

ムピカは近隣の行政中心地であり、中心には、役場郵便局がある。近くにはルウィティキラ滝があり、町の南には新石器時代 onwards の洞窟壁画 (rock art) が見られるNachikufu 洞窟がある。

教育[編集]

1970年代、スウェーデン政府の援助機関 SIDA がムピカのすぐ近くに農業大学を設立した。スウェーデン、インド、その他の国からたくさんの人が招聘されてこの大学で教鞭をとった。最終的には、大学のすべてのポストは現地出身の教授が占めることとなり、国外出身者は大学を去った。

交通運輸[編集]

2007年、マラウィ鉄道ムチンジチパタからムピカへ延長しタンザン鉄道とつなげることが提案された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯11度51分30秒 東経31度26分00秒 / 南緯11.85833度 東経31.43333度 / -11.85833; 31.43333