ムハンマド5世 (モロッコ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド5世
محمد الخامس‎
モロッコ国王
Mohammed V of Morocco.jpg
ムハンマド5世(1957年12月、ローレンス・リバモア国立研究所にて)
在位 1927年 - 1953年1955年 - 1957年(スルターン)
1957年 - 1961年(国王)
全名 سيدى محمد بن يوسف
サイディ・ムハンマド・ベン・ユースフ
出生 1909年8月10日
Flag of Morocco 1666 1915.svg モロッコフェズ
死去 1961年2月26日(満51歳没)
モロッコの旗 モロッコラバト
埋葬 モロッコの旗 モロッコラバトムハンマド5世廟
子女 ハサン2世
王朝 アラウィー朝
父親 ユースフ・ベン・ハサン
母親 ラーラ・ヤークート
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

ムハンマド5世アラビア語: محمد الخامس‎, ラテン文字転写: Mohammed V1909年8月10日 - 1961年2月26日)は、モロッコスルターン(在位:1927年 - 1953年1955年 - 1957年)及び国王(在位:1957年 - 1961年)。モハメド5世とも表記される。

フランスから独立を勝ち取ったモロッコの国民的英雄である。

生涯[編集]

スルターン・ユースフ・ベン・ハサンの末子として生まれる。1927年、父の死により即位。第二次世界大戦後、激化するフランスからの独立運動を指導したため、1953年にフランスによって廃位された。フランスのインドシナ戦争の敗戦もあり、1955年に復位して翌年に独立を達成した。

1957年にモロッコの君主号をスルターンから国王(الملك)に変更した。1961年に崩御、王太子が即位してハサン2世となった。

ラバトムハンマド5世大学カサブランカムハンマド5世国際空港はムハンマド5世にちなんでそれぞれ命名された。

先代:
ユースフ・ベン・ハサン
モロッコスルターン
1927年 - 1953年
次代:
ムハンマド・ベン・アーラファ
先代:
ムハンマド・ベン・アーラファ
モロッコスルターン
1953年 - 1957年
次代:
王制移行
先代:
王制移行
モロッコ国王
1957年 - 1961年
次代:
ハサン2世