ムハンマド・ラクマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド・ラクマン
Rachman-preparing.jpg
基本情報
本名 ムハンマド・ラクマン・スワラディン
通称 Predator (捕食者)
The Rock Breaker
階級 ライトフライ級
国籍 インドネシアの旗 インドネシア
誕生日 1971年12月23日(42歳)
出身地 インドネシア, パプア州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 80
勝ち 64
KO勝ち 33
敗け 11
引き分け 5
テンプレートを表示

ムハンマド・ラクマン・スワラディンMuhammad Rachman Sawaludin、男性、1971年12月23日 - )は、インドネシアプロボクサー。第14代IBF世界ミニマム級王者。第18代WBA世界ミニマム級王者。「Predator (捕食者)」の異名を持ち、全盛期の頃は打ち合うスタイルだったが、経験を重ねるにつれて距離を取ったりインファイトもできる幅広い戦略を駆使した戦い方が武器になっている。ボクシングのプロモーターとしても活躍しムハンマド・ラクマンズ・スピットを主催している。

来歴[編集]

1993年1月14日にインドネシアでプロデビュー。活動拠点はほぼインドネシア国内であったが、1999年1月10日にはインドネシアミニマム級王座を獲得。2000年12月1日にはIBFパンパシフィックミニマム級王座を獲得した。

2004年9月14日ジャカルタのブリタマ・アリーナでIBF世界ミニマム級王者ダニエル・レイジェスに挑戦し、2-1(114-117、116-114、115-114)の判定勝ちで王座を獲得に成功した。

2005年4月5日、パプア州メラウケのTHR - アミューズメント・パーク・ハサナブ・サイで元IBF世界ミニマム級王者ファーラン・サックリンと対戦し、3回に両者の頭が激突し、偶然のバッティングにより試合続行不可能となった為、3回1分負傷判定で引き分けとなり初防衛に成功した。

2006年5月6日、オマール・ソトと対戦し6回1分4秒KO勝ちで2度目の防衛に成功した。

2006年12月23日、ベンジー・ソロラーと対戦し7回2分10秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2007年7月7日、4度目の防衛戦でフローレンテ・コンデスと対戦し、3回と10回にダウンを奪われ12回1-2(111-115、112-114、114-112)の判定負けで3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

2008年6月28日、後のWBC世界フライ級シルバー王者でIBO世界スーパーフライ級王者のエドリン・ダプドンと対戦し、3-0(96-95、97-95、97-94)の判定勝ちを収め再起を果たした。

2009年3月14日、自身初の海外試合がフィリピンのリングに登場。セブ州セブ市のウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノで後のWBOインターナショナルフライ級王者ミラン・メリンドと対戦し0-3の判定負けを喫した。

2009年5月29日タイプーケット県カトゥー郡のバングラ・ボクシング・スタジアムでWBC世界ミニマム級王者オーレイドン・シスサマーチャイに挑戦。11回2分10秒、0-3(101-106、2者が103-105)の負傷判定負けを喫しIBF王座に続くWBA王座に失敗した[1]

2010年9月25日、1年4か月振りの再起戦でWBCインターナショナルミニマム級王者のデンバー・クエリョと対戦し5回にダウンを奪われると一方的にクエリョペースになり9回クエリョの猛攻にさらされるとレフェリーが試合をストップした。自身初のKO負けとなる9回1分3秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗と同時に再起に失敗した。

2011年1月24日、後のPABAミニマム級王者サマーッレック・チャイヨンジムと対戦し6回判定負けを喫し泥沼の4連敗となった。

2011年4月19日バンコクのクルンテープ・トンブリ大学でWBA世界ミニマム級王者クワンタイ・シッモーセンに挑戦。試合前の前評判は圧倒的にホームのクワンタイ優位だった。序盤はクワンタイペースで試合が進んで2回にはダウンを奪われた。しかし中盤からラクマンが試合をひっくり返し8回からは完全にラクマンペースになり、8回終了時のスコアは0-3(2者が72-80、73-78)とクワンタイの優勢だった。勝つにはKOしか無くなったラクマンは9回にクワンタイから初ダウンを奪った。最後はボディーショットでダウンを奪い相手はそのまま悶絶し、カウントアウトで試合終了。9回1分29秒大逆転KO勝ちでIBF王座に続きWBA王座の獲得に成功し、6年振りの世界再戴冠を果たした[2]

2011年7月30日ジャカルタのインドシアスタジオでポンサワン・ポープラムックとの初防衛戦で互角に試合を進めて判定も大接戦になり、0-2(114-114、113-115、114-115)の判定負けで初防衛に失敗し王座から陥落した。しかし、ラクマン陣営が「判定が盗まれた」という声が発端に誤審ではないかという声が上がりジャッジ・レフェリー・立会人を取り囲んで猛抗議。裁定の結果も変わらずポンサワン勝利を発表。その後インドネシアの国内を巻き込む騒動に発展。採点に不満を持ったラクマンはダイレクトリマッチを認めるようにWBAに申請し認められたが、その後ポンサワンが八重樫東に敗れてしまったためダイレクトリマッチは消滅。その後現役引退を表明するも2013年早々に引退を撤回し現役復帰を表明した。

2013年7月6日、2年振りの復帰戦を行い2回TKO勝ちを収め復帰戦を白星で飾った。試合後ラクマンはデビューから一筋でリングに上がっていたミニマム級からライトフライ級に転向しインドネシアのプロボクサー史上初めての2階級制覇を目指すことになった。

2014年2月21日、ジャカルタのワリングイン・スポーツ・ホールでIBOインターナショナルライトフライ級王座決定戦をトンタイレック・ソー・タナピンヨーと対戦し8回・11回・12回の計3度のダウンを奪い最後レフェリーがストップし王座獲得に成功した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オーレイドン、元王者に負傷判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月1日
  2. ^ 王座交代、39歳ラクマン新王者-WBA105 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年4月20日

外部リンク[編集]

前王者
ダニエル・レイジェス
第14代IBF世界ミニマム級王者

2004年9月14日 - 2007年7月7日

次王者
フローレンテ・コンデス
前王者
クワンタイ・シッモーセン
第18代WBA世界ミニマム級王者

2011年4月19日 - 2011年7月30日

次王者
ポンサワン・ポープラムック