ムハンマド・ナジーブ・アッ=ルバーイー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハマド・ナジーブ・アッ=ルバーイー
محمد نجيب الربيعي‎
Muhammad al-Rubaiai.jpg

任期 1958年7月14日1963年2月8日

出生 1904年
死去 1965年(満60-61歳没)
イラクの旗 イラクバグダード

ムハマド・ナジーブ・アッ=ルバーイーアラビア語:محمد نجيب الربيعي‎‎ 、Muhammad Najib ar-Ruba'i、1904年 - 1965年)は、イラク共和国初代大統領(主権評議会議長)(在任期間:1958年7月14日1963年2月8日[1])である。

アブドルカリーム・カーシムとともに[2]、1958年の王政打倒クーデター(7月14日革命)の指導者の1人だった。

カーシムが首相として権力の大半を掌握し、ルバーイーは「主権評議会議長」という立場で事実上の初代大統領となった。主権評議会は3つの主要宗派のそれぞれの代表から構成されており、ルバーイーはスンニ派コミュニティの代表だった。

1963 年、カーシム政権はバアス党アブドッサラーム・アーリフらによるクーデター、(ラマダーン革命)によって退陣させられ、ルバーイーも大統領を辞任し、政界を退くことになった。そして、1965年に死亡した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Cahoon, Ben (2000年). “Iraq - Chronology (web)”. worldstatesmen.org. 2008年5月25日閲覧。
  2. ^ Iraq PROFILE”. U.S. Department of State. 2008年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月25日閲覧。
公職
先代:
発足
Flag of Iraq (1959-1963).svg イラク共和国大統領
初代:1958 - 1963
次代:
アブドッサラーム・アーリフ