イブラーヒーム (ムガル皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イブラーヒーム
Ibrahim
ムガル帝国対立皇帝
Muḥammad ʿIbráhím..jpg
イブラーヒーム
在位 1720年
戴冠 1720年10月17日
別号 パードシャー
全名 ザヒールッディーン・ムハンマド・イブラーヒーム
出生 1703年8月9日
死去 1746年1月31日
デリーデリー城
埋葬 クトゥブッディーン・バフティヤール・カーキー
父親 ラフィー・ウッシャーン
母親 ヌールンニサー・ベーグム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

イブラーヒームヒンディー語:इब्राहिम, Ibrahim, 1703年8月9日 - 1746年1月31日)は、北インドムガル帝国の対立君主(在位:1720年)。第12代君主ムハンマド・シャーと対立した。父は第7代君主バハードゥル・シャー1世の三男ラフィー・ウッシャーン。 第10代君主ラフィー・ウッダラジャート、第11代君主ラフィー・ウッダウラは兄にあたる[1]

生涯[編集]

1703年8月9日ムガル帝国の皇子ラフィー・ウッシャーンとその妃ヌールンニサー・ベーグムとの間に生まれた[2]

1720年10月17日、イブラーヒームはサイイド・アブドゥッラー・ハーンによって皇帝ムハンマド・シャーと対立する形で擁立された[3]。これはムハンマド・シャーがサイイド兄弟と対立し、サイイド・フサイン・アリー・ハーンを殺害したからであった。

同年11月15日、アブドゥッラー・ハーンがハサンプルの戦いで敗北すると、イブラーヒームは捕えられて廃位、デリー城へと幽閉された[4]

1746年1月31日、イブラーヒームはデリー城に幽閉されたまま死去した[5]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Delhi 11
  2. ^ Delhi 11
  3. ^ Delhi 11
  4. ^ Delhi 11(ここでは13日となっているが、これは誤りである)
  5. ^ Delhi 11

関連項目[編集]