ムニン (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムニン(Munin)はスウェーデンナノサット。2000年11月21日にヴァンデンバーグ空軍基地からその他二つの衛星と共にデルタ IIによって打ち上げられた。

ムニンはSwedish Institute of Space PhysicsLuleå University of Technologyウメオ大学の学生と協力して開発された。最終通信は2001年2月12日であり、手動でCPUをリセットした後だった。原因はおそらくブートPROMにあったと思われる。

機体情報[編集]

  • 機体
    • サイズ: 213 x 213 x 218 (高さ) mm
    • 重量: 6 kg
  • 科学
    • イオン・電子線複合スペクトロメーター
    • 高エネルギー粒子探知器
    • 小型CCDカメラを使用したオーロラ撮影
  • オンボードコンピューター
    • CPU: Texas Instrument TMS320C50
    • RAM: 2 Mb

参考文献[編集]

関連項目[編集]