ムチャリンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムチャリンダとブッダ。

ムチャリンダMucalinda, Mucilinda)は、インド神話に登場するナーガラージャの一人。 仏教のとある話では、ブッダに帰依したとされる。

ある時、ブッダはとある菩提樹の木の下で瞑想をしたが、そこにはムチャリンダが棲んでいた。 ムチャリンダはブッダの偉大さに気づき、静かに見守り続けた。 やがて激しい嵐が起こると、ムチャリンダは自らの体を7回巻きにブッダに巻きつけ、 約7日間に渡り雨風から守り続けた。 その後、人間の姿になり、ブッダに帰依したといわれる。

日本におけるムチャリンダ(竜王)の存在は、専ら禅宗系の寺院や塔中などの法堂の天井絵に、禅の修行をする者の守護者として数多く描かれている。京都妙心寺の法堂天井に描かれている狩野探幽作『雲龍図』(重要文化財)などが有名である。

参考文献[編集]

  • 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社、1997年、301頁。