ムスメベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムスメベラ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ベラ亜目 Labroidei
: ベラ科 Labridae
亜科 : カンムリベラ亜科 Corinae
: カンムリベラ属 Coris
: ムスメベラ C. picta
学名
Coris picta
Bloch and Schneider, 1801
和名
ムスメベラ(娘倍良)
英名
Combfish
Comb wrasse

ムスメベラ(娘倍良)は、スズキ目ベラ科カンムリベラ亜科に属する魚の一種。白地に黒帯の特徴的な体色を持つ。

形態[編集]

体長は10-25cmほど。背と腹はいが、体側面には目を通って尾鰭(おびれ)までの一本線が走り、腹側は櫛歯に似たぎざぎざの縁となっているため,英語combfish(櫛の魚)と呼ばれる。背鰭(せびれ)の付け根にも黒色のラインが入っており、頭は赤い。

分布・生態[編集]

太平洋の亜熱帯の海に分布し、日本でも南日本に分布している。南半球ではオーストラリアニュージーランド周辺で見られる。

サンゴ礁や岩礁の周辺の水深5-60mの水域に生息する。

関連項目[編集]