ムコノラクトンΔイソメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムコノラクトンΔイソメラーゼ
識別子
EC番号 5.3.3.4
CAS登録番号 37318-46-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ムコノラクトンΔイソメラーゼ(Muconolactone Delta-isomerase、EC 5.3.3.4)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

(S)-5-オキソ-2,5-ジヒドロフラン-2-酢酸\rightleftharpoons5-オキソ-4,5-ジヒドロフラン-2-酢酸

この酵素は異性化酵素、特にC=C結合の転位に関与する分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、5-オキソ-2,5-ジヒドロフラン-2-酢酸 Δ3,Δ2-イソメラーゼである。muconolactone isomeraseとも呼ばれる。この酵素は、ヒドロキシル化による安息香酸の分解に関与している。

構造[編集]

2007年末時点で、この酵素の1つの構造が解明されている。蛋白質構造データバンクのコードは、1MLIである。

出典[編集]

  • Ornston LN (1966). “The conversion of catechol and protocatechuate to beta-ketoadipate by Pseudomonas putida. 3. Enzymes of the catechol pathway”. J. Biol. Chem. 241 (16): 3795–9. PMID 5330966. 
  • Ornston LN (1970). “Conversion of catechol and protocatechuate to beta-ketoadipate (Pseudomonas putida)”. Methods Enzymol. 17A: 529–549.