メグロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムコジマメグロから転送)
移動: 案内検索
メグロ
保全状況評価[a 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: メジロ科 Zosteropidae
: メグロ属
Apalopteron Bonaparte, 1854
: メグロ A. familiare
学名
Apalopteron familiare
(Kittlitz, 1831)
和名
メグロ
英名
Bonin honeyeater
Bonin Islands honeyeater

メグロ(目黒[1]Apalopteron familiare)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目メジロ科メグロ属に分類される鳥類。本種のみでメグロ属を形成する。

分布[編集]

日本母島向島妹島[1][2]固有種[3][4][5][a 2]

模式標本の産地(模式産地)は小笠原諸島(Bonin Islands)とされているが、記載者であるHeinrich von Kittlitzが訪れたのが父島だったため父島産の個体を基に記載されたと考えられている[a 2]

絶滅した分布域[編集]

  • A. f. familiare ムコジマメグロ

日本(父島、媒島聟島[1][2][3]

形態[編集]

全長14センチメートル[1][3][4][5]。上面は暗緑色や黄褐色、顔や下面の羽衣は黄色[3][4][5][a 2]。体側面の羽衣は緑褐色[5]。属名Apalopteronは「柔らかい羽毛」の意[1]。顔の羽衣は黄色で、額にアルファベットの「T」字状に黒色斑が入る[1][3][5]。眼の周囲は白い羽毛(アイリング)で被われるが[1]、アイリングは眼の前後で繋がらずに途切れる[5]。さらにその周囲に三角形状の黒い斑紋が入り[5]、和名の由来になっている[1][3]。尾羽や翼は灰黒色で、尾羽や雨覆、風切羽の外縁(羽縁)は黄緑色[5]

卵の殻は青く、褐色斑が入る[3][a 2]

  • A. f. hahasima ハハジマメグロ

わずかに大型で、黄色みが濃い[a 2]

分類[編集]

以前はヒヨドリ科[3]、舌の形態や生態からミツスイ科[1][2]に含まれることもあった。しかしミトコンドリアリボソームRNA分子系統学的解析からメジロ科に含まれると推定され、メグロ科内での近縁種はオウゴンメジロと推定されている[5]

  • Apalopteron familiare hahasima Yamashina, 1930 ハハジマメグロ

絶滅亜種[編集]

  • Apalopteron familiare familiare (Kittlitz, 1831) ムコジマメグロ

生態[編集]

常緑広葉樹林二次林に生息する[2][3][5]。ペアで生活するが、冬季には群れを形成することもある[3]

食性は雑食で、昆虫クモ果実ガジュマルパパイア)、花粉などを食べる[1][2][4]。英名honeyeaterは花粉を食べる事に由来する[1]。樹上でも地表でも採食を行う[4]。昆虫は林床を徘徊したり樹上にぶら下がって葉の裏にいるものを捕食するほか、木の幹の隙間にいるものを舌で捕えたりギンネムの鞘を嘴でこじ開けて中にいる獲物を捕食する[2]

繁殖形態は卵生。4-6月に地上1-10メートルの高さにある樹上にタコノキなどの繊維や羽毛、獣毛を組み合わせたお椀状の巣を作り、1回に2-4個の卵を産む[3][4][a 2]。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は10-14日[4]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している[2][a 2]。基亜種ムコジマメグロは1930年以降の確実な発見例が無く、絶滅したと考えられている[a 2]1969年に国の天然記念物1977年に特別天然記念物、亜種ハハジマメグロが1993年種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている[2]1969年における母島での生息数は3,000-4,000羽と推定されている[2][a 2]

  • A. f. familiare ムコジマメグロ

絶滅環境省レッドリスト[a 2]

Status jenv EX.png
  • A. f. hahasima ハハジマメグロ

絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト[a 2]

Status jenv EN.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、319頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 加藤陸奥雄、沼田眞、渡辺景隆、畑正憲監修 『日本の天然記念物』、講談社1995年、679頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、104、206頁。
  4. ^ a b c d e f g 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥類III』、平凡社1986年、158-159頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、540頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「メグロ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類