ムクワワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムクワワ記念博物館に展示されているムクワワの頭蓋骨

ムクワワ(Mkwawa、本名:Mukwavinyika Munyigumba Mwamuyinga1855年1898年7月19日[1])は、ドイツ領東アフリカにおいてドイツ帝国の進出に抵抗したヘヘ族英語版の指導者である。「Mkwawa」は本名の「Mukwavinyika」を短縮した「Mukwava」に由来し、「多くの地を征服した者」を意味する。ムクワワはルホタ(Luhota)で生まれ、1879年に死去した首長Munyigumbaの息子である。

抵抗[編集]

ドイツの東アフリカ進出に対し、部族として抵抗し、植民地政府をもっとも苦しめたのは南西部でムクワワに率いられていたヘヘ族だった。ムクワワはしばしばキャラバン隊を襲い、通商路を分断した。1891年7月、ドイツ植民地長官エミール・フォン・ツェレウスキドイツ語版は1個大隊(将校を含む320名のアスカリとポーター)を率いてヘヘ族の鎮圧に向かった。ムクワワはドイツ軍と和平しようと贈り物を持たせた使者を送ったが、ドイツ軍兵士はその使者が近づいてくると射殺してしまった。態度を硬化させたムクワワは8月17日ルガオ英語版にて3,000名からなる強力な軍(とはいえと数丁のしか装備していなかった)でドイツ軍を待ち伏せ、攻撃した。ドイツ軍はまたたく間に圧倒され、ツェレウスキは殺された(ルガオの戦いドイツ語版)。

ムクワワはドイツ軍の来襲に備え、本拠地カレンガ英語版を12kmにおよぶ防壁で囲んだ。植民地政府は3年かけて準備した後の1894年10月28日、新任のドイツ植民地長官フリードリヒ・フォン・シェーレドイツ語版男爵が前回の2倍の兵力でカレンガにあったムクワワの要塞を攻撃した。ムクワワの軍は2日に渡り要塞を守ったが、10月30日には陥落した。ムクワワは少数の部下と脱出することができた。それ以降、ムクワワはゲリラ戦を展開し、4年間に渡り植民地政府に対する擾乱活動を行った。1898年7月19日、彼は隠れ家にいたところをドイツ軍に襲われ、逮捕されるより銃による自害を選んだ。鎮圧後植民地政府は、ヘヘ族の首長会議を解散させ、重い罰金を課した。

彼の死後、ドイツ兵士はムクワワの首を切断し、頭蓋骨ベルリンへ送られ、最後はおそらくブレーメン博物館に納められた。第一次世界大戦が終結した1918年、ドイツ領東アフリカのイギリス管理官H.A.バイアトは政府に対し、ヘヘ族の大戦におけるイギリス帝国への協力の報償として、そして現地民に対してドイツの支配が完全に終わったこと保証するシンボルとしてムクワワの頭蓋骨をタンガニーカに返還するよう求めた。頭蓋骨の返還は1919年ヴェルサイユ条約において規定された。

第246条、本条約が発効されて6ヶ月以内に、(中略)ドイツはドイツ保護領東アフリカから持ち去られ、ドイツに送られたスルターン・ムクワワの頭蓋骨をイギリス国王陛下の政府に引き渡さなければならない。

しかしドイツは頭蓋骨の引き渡しに抵抗し、イギリス政府はその所在を突き止めることができなかったという立場をとった。

第二次世界大戦後、タンガニーカ総督サー・エドワード・トゥイニングはその条項を再び取り上げた。1953年、彼自身がブレーメン博物館を訪れた。博物館には2,000の頭蓋骨が収集されており、そのうちの84が元ドイツ領東アフリカからのものだった。彼は生存していたムクワワの親類とサイズが類似しているものを選び出し、その中から弾痕のあるものをムクワワの頭蓋骨と同定した。

頭蓋骨は1954年7月9日に返還され、イリンガに近いカレンガのムクワワ記念博物館に所蔵されている。

脚注[編集]

  1. ^ ムクワワの遺体を発見したドイツ軍兵士の報告によれば、ムクワワの没日は間違いなく1898年7月19日であると報告されている (Bericht des Feldwebels Merkl, BArch R1001, 289) [1], [2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Martin Baer, Olaf Schröter: Eine Kopfjagd. Deutsche in Ostafrika. Berlin 2001.
  • Doebold, Holger: Schutztruppe Deutsch-Ostafrika.
  • Iliffe, John: A modern history of Tanganyika. Cambridge 1979.
  • Nigmann, Ernst: Die Wahehe: Ihre Geschichte, Kult-, Rechts-, Kriegs- u. Jagd-Gebräuche. Berlin: Mittler 1908.
  • Nigmann, Ernst: Geschichte der Kaiserlichen Schutztruppe für Deutsch-Ostafrika. Berlin: Mittler 1911.
  • Patera, Herbert: Der weiße Herr Ohnefurcht: das Leben des Schutztruppenhaupmanns Tom von Prince. Berlin 1939.
  • Prince, Tom von: Gegen Araber und Wahehe: Erinnerungen aus meiner ostafrikanischen Leutnantszeit 1890-1895. Berlin 1914.
  • Redmayne, Alison Hope: The Wahehe people of Tanganyika. Oxford 1965.
  • Redmayne, Alison: The Hehe. Tanzania Before 1900.
  • Small wars & insurgencies. London: Taylor & Francis, ISSN 1743-9558, Online-Resource.
  • 吉田昌夫 『世界現代史14 アフリカ現代史II』 山川出版社、1978年ISBN 978-4634421400

外部リンク[編集]