ムアンムックダーハーン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯16度32分18秒 東経104度42分54秒 / 北緯16.53833度 東経104.71500度 / 16.53833; 104.71500

ムアンムックダーハーン郡
位置画像
ムアンムックダーハーン郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเมืองมุกดาหาร
ムックダーハーン県
地理番号 4901
郵便番号 49000
統計
面積 1,235.07 km2
人口 128,005 人 (2005年)
人口密度 103.6 人/km2
行政
テンプレートを表示

ムアンムックダーハーン郡とはタイ東北部・ムックダーハーン県の郡(アムプー)。同県の県庁所在地でもある。

名称[編集]

ムックダーハーンとは「瓔珞」という意味である。ムックダーハーン建設時、地元の川からカラスガイの仲間のカープ貝ないしキー貝 (หอยกาบ หรือ หอยกี้) から真珠(ムックダー)が発見されていた。また毎晩、7本のココヤシから不思議な光が発せられていた。当時の国主、チャオ・チャンタキンナリーが地元で真珠が発見されていることを意識してこの光をケーオ・ムックダーハーン(瓔珞の宝石)と呼んだことに由来する。

歴史[編集]

ムックダーハーンはチャオ・チャンタスリヤウォンの息子、チャオ・チャンタキンナリーによって1770年、建てられた。後にトンブリー王朝時代、タークシン王によって、チャオ・チャンタキンナリーはプラヤー・チャンタシースラートウッパラーチャーマンタートゥラートに格上げされた。その後、ムックダーハーンはウドーンターニーの領域となった。

ラーマ5世(チュラーロンコーン)によってモントン制度が導入されると、ムックダーハーンはモントン・ウドーンターニーの県(ムアン)となった。1907年ナコーンパノム県の郡の一つとなり、1982年9月27日、ナコーンパノムから分離。ムックダーハーン県の県庁所在地となった。

地理[編集]

市街地はメコン川の形成した平地にあり、市の主な水源もメコン川である。また郡の北西部、西部、南部は山がちになってお降り、そのうちの南部にはプー・パートゥープ国立公園に指定されている。

交通[編集]

国道212号線が北部に向かって延びており、ナコーンパノム方面と通じている。また国道2042号線が北西に向かって延びておりソムデット方面に通じている。国道212号線が南西に向かって延びており、アムナートチャルーン方面と通じている。また国道2034号線が南東に向かって延びておりケーマラート方面とつながっている。

ラオスカイソーン・ポムウィハーン郡とメコン川に架かる第2タイ=ラオス友好橋を通って行き来出来、交易が盛んである。

経済[編集]

郡内の主な産業は農業で、コメ、タピオカ、サトウキビ、果物、落花生、野菜などが生産されている。

行政区分[編集]

郡は13のタムボンに分かれ、さらにその下位に143の村(ムーバーン)がある。自治体(テーサバーン)があり以下のようになっている。

また郡内には12のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)がある。

  1. タムボン・ムックダーハーン・・・ตำบลมุกดาหาร
  2. タムボン・シーブンルアン・・・ตำบลศรีบุญเรือง
  3. タムボン・バーンコーク・・・ตำบลบ้านโคก
  4. タムボン・バーンサーイヤイ・・・ตำบลบางทรายใหญ่
  5. タムボン・ポーンサーイ・・・ตำบลโพนทราย
  6. タムボン・プンデート・・・ตำบลผึ่งแดด
  7. タムボン・ナーソーク・・・ตำบลนาโสก
  8. タムボン・ナーシーヌワン・・・ตำบลนาสีนวน
  9. タムボン・カムパーラーイ・・・ตำบลคำป่าหลาย
  10. タムボン・カムアーフワン・・・ตำบลคำอาฮวน
  11. タムボン・ドンイェン・・・ตำบลดงเย็น
  12. タムボン・ドンモーン・・・ตำบลดงมอน
  13. タムボン・クットケー・・・ตำบลกุดแข

関連項目[編集]

外部リンク[編集]