ミール・マフブーブ・アリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミール・マフブーブ・アリー・ハーン
Mir Mahbub Ali Khan
第9代ニザーム
Asaf Jah VI.jpg
ミール・マフブーブ・アリー・ハーン
在位 1869年 - 1911年
戴冠 1869年2月29日
別号 ニザームル・ムルク
アーサフ・ジャー6世
出生 1866年8月17日
ハイダラーバード
死去 1911年8月29日
ハイダラーバード
子女 ミール・ウスマーン・アリー・ハーン
王朝 アーサフ・ジャーヒー朝
父親 アフザル・ウッダウラ
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ミール・マフブーブ・アリー・ハーンテルグ語:మహబూబ్ అలీ ఖాన్, ウルドゥー語:آصف جاہ شیشم, Mir Mahbub Ali Khan, 1866年8月17日 - 1911年8月29日)は、インドデカン地方ニザーム藩王国の第9代当主(ニザーム、在位:1869年 - 1911年)。アーサフ・ジャー6世(Asaf Jah VI)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1869年2月26日、父である藩王アフザル・ウッダウラが死亡し、その息子ミール・マフブーブ・アリー・ハーンがその藩王位を継承した[1]

父が没した時わずか生後2歳7ヶ月であった。そのため2人の後見人が摂政となった。このうちの一人サラール・ジャングは、その死の日まで長きにわたって摂政かつ行政官の地位にあった。

また、サラール・ジャングと共にイギリス軍司令官のジョン・クラーク、その他にもペルシア語アラビア語ウルドゥー語の学者達がマフブーブ・アリー・ハーンの教育にあたった。特にサラール・ジャングの高潔な生き様は、この9代目藩王の人格形成に大きく影響したといわれている。

マフブーブ・アリー・ハーンが16歳の時、サラール・ジャングは藩王に藩王国の運営について教授し始めた。ミール・マフブーブ・アリー・ハーンはその高潔な人柄と治世により、ニザーム藩王国の最も優れた藩王の一人にあげられる。

1911年8月29日、マフブーブ・アリー・ハーンは死亡し、息子のウスマーン・アリー・ハーンが藩王位を継承した[1][2]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]