ミールを訪れた宇宙船・乗員の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズTM-20ミールの下部にドッキングしている。1995年のSTS-63において、ディスカバリーより撮影。

ミールを訪れた宇宙船・乗員の一覧では、ロシア宇宙ステーションミールを訪れた宇宙船と宇宙飛行士の一覧を示す。無人の宇宙船についてはミールへの無人宇宙飛行の一覧を参照。長期滞在者は名前を太字で表した。また、ドッキング期間はあくまで宇宙船に関する時間であり、場合によっては飛行士の滞在時間とは異なる。

ミールのコアモジュールは1986年2月19日に打ち上げられた。ミールはその後軌道上で組み立てられ、短い期間のみ訪問する飛行士が、長期間滞在の飛行士と同程度に存在した(ワレリー・ポリャコフ1994年1月8日から438日間にミールに滞在し、史上最も長い連続宇宙滞在記録を作った)。

ミールを訪れた多くの飛行士は打ち上げ時と帰還時に異なる宇宙船を使用した。最初の例はアレクサンドル・ヴィクトレンコムハンマド・ファーリスで、1987年7月22日打ち上げのソユーズTM-3で宇宙に上がり、ソユーズTM-21987年7月30日に地球に帰還した。ミールに同時に滞在した最大の人数は6人である(ただし、NASAによるスペースシャトルのミッションは除く)。その最初のケースは1988年11月26日ソユーズTM-7打ち上げ時で、約3週間継続した。ミールは大気圏再突入し解体された2001年3月23日まで存在した。

ミッション クルー 備考
1 ソユーズT-15
打ち上げ:
1986年3月13日
ドッキング期間
~71日間
ソビエト連邦の旗 レオニード・キジム

ソビエト連邦の旗 ウラジーミル・ソロフィエフ

ミールEO-1の乗員を輸送。

サリュート7号も訪れた。

2 ソユーズTM-2
打ち上げ:
1987年2月5日
ドッキング期間
~172日間
ソビエト連邦の旗 ユーリ・ロマネンコ (en

ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・ラフェイキン

ミールEO-2の乗員を輸送。
3 ソユーズTM-3
打ち上げ:
1987年7月22日
ドッキング期間
~158日間
ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・アレクサンドロフ

ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・ヴィクトレンコ
シリアの旗 ムハンマド・ファーリス

アレクサンドロフをミールEO-2のため輸送。

ヴィクトレンコとファーリスはソユーズTM-2にて8日後に帰還。

4 ソユーズTM-4
打ち上げ:
1987年12月21日
ドッキング期間
~177日間
ソビエト連邦の旗 ウラジミール・チトフ (en

ソビエト連邦の旗 ムサ・マナロフ
ソビエト連邦の旗 アナトリー・レフチェンコ

ミールEO-3の乗員を輸送。

レフチェンコはソユーズTM-3にて8日後に帰還。

5 ソユーズTM-5
打ち上げ:
1988年6月7日
ドッキング期間
~90日間
ソビエト連邦の旗 アナトリー・ソロフィエフ

ソビエト連邦の旗 ヴィクトル・サヴィヌイフ
ブルガリアの旗 アレクサンドル・アレクサンドロフ

3人全員がソユーズTM-4にて10日後に帰還。
6 ソユーズTM-6
打ち上げ:
1988年8月29日
ドッキング期間
~112日間
ソビエト連邦の旗 ワレリー・ポリャコフ

ソビエト連邦の旗 ウラジーミル・リャホフ
アフガニスタンの旗 アブドゥルアフド・ムハンマド

ポリャコフをミールEO-3のため輸送。

リャホフとムハンマドはソユーズTM-5にて9日後に帰還。

7 ソユーズTM-7
打ち上げ:
1988年11月26日
ドッキング期間
~149日間
ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・ヴォルコフ

ソビエト連邦の旗 セルゲイ・クリカレフ
フランスの旗 ジャン=ルー・クレティエン (en

ミールEO-4の乗員を輸送。

クレティエンはソユーズTM-6にて25日後に帰還。

8 ソユーズTM-8
打ち上げ:
1989年9月5日
ドッキング期間
~165日間
ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・ヴィクトレンコ

ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・セレブロフ

ミールEO-5の乗員を輸送。
9 ソユーズTM-9
打ち上げ:
1990年2月11日
ドッキング期間
~177日間
ソビエト連邦の旗 アナトリー・ソロフィエフ

ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・バランジン

ミールEO-6の乗員を輸送。
10 ソユーズTM-10
打ち上げ:
1990年8月1日
ドッキング期間
~129日間
ソビエト連邦の旗 ゲンナジー・マナコフ

ソビエト連邦の旗 ゲンナジー・ストレカロフ

ミールEO-7の乗員を輸送。
11 ソユーズTM-11
打ち上げ:
1990年12月1日
ドッキング期間
~173日間
ソビエト連邦の旗 ヴィクトル・アファナシェフ

ソビエト連邦の旗 ムサ・マナロフ
日本の旗 秋山豊寛

ミールEO-8の乗員を輸送。

秋山はソユーズTM-10にて8日後に帰還。

12 ソユーズTM-12
打ち上げ:
1991年5月18日
ドッキング期間
~142日間
ソビエト連邦の旗 アナトリー・アルツェバルスキー

ソビエト連邦の旗 / ロシアの旗 セルゲイ・クリカレフ
イギリスの旗 ヘレン・シャーマン

ミールEO-9の乗員を輸送。

シャーマンはソユーズTM-11にて8日後に帰還。

13 ソユーズTM-13
打ち上げ:
1991年10月2日
ドッキング期間
~173日間
ソビエト連邦の旗 / ロシアの旗 アレクサンドル・ヴォルコフ

ソビエト連邦の旗 トクタル・アウバキロフ
オーストリアの旗 フランツ・フィーベック

ミールEO-10の乗員を輸送。

アウバキロフとフィーベックはソユーズTMA-12にて8日後に帰還。

14 ソユーズTM-14
打ち上げ:
1992年3月17日
ドッキング期間
~143日間
ロシアの旗 アレクサンドル・ヴィクトレンコ

ロシアの旗 アレクサンドル・カレリ
ドイツの旗 クラウス=ディートリッヒ・フラーデ

ミールEO-11の乗員を輸送。

フラーデはソユーズTM-13にて8日後に帰還。

15 ソユーズTM-15
打ち上げ:
1992年7月27日
ドッキング期間
~187日間
ロシアの旗 アナトリー・ソロフィエフ

ロシアの旗 セルゲイ・アヴデエフ
フランスの旗 ミシェル・トニーニ (en

ミールEO-12の乗員を輸送。

トニーニはソユーズTM-14にて14日後に帰還。

16 ソユーズTM-16
打ち上げ:
1993年1月24日
ドッキング期間
~177日間
ロシアの旗 ゲンナジー・マナコフ

ロシアの旗 アレクサンドル・ポレシチューク

ミールEO-13の乗員を輸送。
17 ソユーズTM-17
打ち上げ:
1993年7月1日
ドッキング期間
~195日間
ロシアの旗 ワシリー・ツィブリエフ

ロシアの旗 アレクサンドル・セレブロフ
フランスの旗 ジャン=ピエール・エニュレ

ミールEO-14の乗員を輸送。

エニュレはソユーズTM-16にて21日後に帰還。

18 ソユーズTM-18
打ち上げ:
1994年1月8日
ドッキング期間
~180日間
ロシアの旗 ヴィクトル・アファナシェフ

ロシアの旗 ユーリー・ウサチェフ
ロシアの旗 ワレリー・ポリャコフ

ミールEO-15の乗員を輸送。
19 ソユーズTM-19
打ち上げ:
1994年7月1日
ドッキング期間
~124日間
ロシアの旗 ユーリ・マレンチェンコ

ロシアの旗 タルガット・ムサバイエフ

ミールEO-16の乗員を輸送。
20 ソユーズTM-20
打ち上げ:
1994年10月3日
ドッキング期間
~166日間
ロシアの旗 アレクサンドル・ヴィクトレンコ

ロシアの旗 エレーナ・コンダコワ
ドイツの旗 ウルフ・メルボルト

ミールEO-17の乗員を輸送。

メルボルトはソユーズTM-19にて32日後に帰還。

21 ソユーズTM-21
打ち上げ:
1995年3月14日
ドッキング期間
~179日間
ロシアの旗 ウラジーミル・デジュロフ

ロシアの旗 ゲンナジー・ストレカロフ
アメリカ合衆国の旗 ノーマン・サガード (en

ミールEO-18の乗員を輸送。
22 STS-71 (en
アトランティス
打ち上げ:
1995年6月27日
ドッキング期間
4日間22時間
アメリカ合衆国の旗 ロバート・ギブソン (Robert L. Gibson

アメリカ合衆国の旗 チャールズ・プレコート (en
アメリカ合衆国の旗 エレン・ベーカー (en
アメリカ合衆国の旗 ボニー・J・ダンバー
アメリカ合衆国の旗 グレゴリー・ハーバー (en
ロシアの旗 アナトリー・ソロフィエフ
ロシアの旗 ニコライ・ブダーリン

ミールEO-19の乗員を輸送。

ミールEO-18の乗員を帰還させた。

23 ソユーズTM-22
打ち上げ:
1995年9月3日
ドッキング期間
~177日間
ロシアの旗 ユーリー・ギジェンコ

ロシアの旗 セルゲイ・アヴデエフ
ドイツの旗 トーマス・ライター

ミールEO-20の乗員を輸送。
24 STS-74 (en
アトランティス
打ち上げ:
1995年11月12日
ドッキング期間
3日間2時間
アメリカ合衆国の旗 ケネス・キャメロン (en

アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ハルセル (en
アメリカ合衆国の旗 ジェリー・ロス (en
アメリカ合衆国の旗 ウィリアム・マッカーサー (en
カナダの旗 クリス・ハドフィールド (en

ミールのドッキングモジュールを運搬。
25 ソユーズTM-23
打ち上げ:
1996年2月21日
ドッキング期間
~192日間
ロシアの旗 ユーリー・オヌフリエンコ

ロシアの旗 ユーリー・ウサチェフ

ミールEO-21の乗員を輸送。
26 STS-76 (en
アトランティス
打ち上げ:
1996年3月22日
ドッキング期間
4日間23時間
アメリカ合衆国の旗 ケビン・チルトン (en

アメリカ合衆国の旗 リチャード・サーフォス (en
アメリカ合衆国の旗 リンダ・ゴドウィン (en
アメリカ合衆国の旗 マイケル・クリフォード (en
アメリカ合衆国の旗 ロナルド・セーガ (en
アメリカ合衆国の旗 シャノン・ルシッド

ルシッドをミールEO-21のため輸送。

実験装置MEEP (enを配備。
一人が宇宙遊泳

27 ソユーズTM-24
打ち上げ:
1996年8月17日
ドッキング期間
~195日間
ロシアの旗 ワレリー・コルズン

ロシアの旗 アレクサンドル・カレリ
フランスの旗 クローディ・エニュレ

ミールEO-22の乗員を輸送。

エニュレはソユーズTM-23にて16日後に帰還。

28 STS-79 (en
アトランティス
打ち上げ:
1996年9月16日
ドッキング期間
4日間22時間
アメリカ合衆国の旗 ウイリアム・レディ (en

アメリカ合衆国の旗 テレンス・ウィルカット (en
アメリカ合衆国の旗 トーマス・エイカーズ (en
アメリカ合衆国の旗 ジェローム・アプト (en
アメリカ合衆国の旗 カール・ワルツ (en
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ブラハ (en

ブラハをミールEO-22のため輸送。
29 STS-81 (en
アトランティス
打ち上げ:
1997年1月12日
ドッキング期間
4日間22時間
アメリカ合衆国の旗 マイケル・ベーカー (en

アメリカ合衆国の旗 ブレント・ジェット
アメリカ合衆国の旗 ジョン・グランスフェルド (en
アメリカ合衆国の旗 マーシャ・アイビンス
アメリカ合衆国の旗 ピーター・ウィソフ (en
アメリカ合衆国の旗 ジェリー・リネンガー (en

リネンガーをミールEO-22のため輸送。
30 ソユーズTM-25
打ち上げ:
1997年2月10日
ドッキング期間
~183日間
ロシアの旗 ワシリー・ツィブリエフ

ロシアの旗 アレクサンドル・ラズトキン
ドイツの旗 ラインホルト・エヴァルト

ミールEO-23の乗員を輸送。

エヴァルトはソユーズTM-24にて20日後に帰還。

31 STS-84 (en
アトランティス
打ち上げ:
1997年5月15日
ドッキング期間
4日間23時間
アメリカ合衆国の旗 チャールズ・プレコート (en

アメリカ合衆国の旗 アイリーン・コリンズ
アメリカ合衆国の旗 カルロス・ノリエガ (en
アメリカ合衆国の旗 エドワード・ルー
フランスの旗 ジャン=フランソワ・クレルボワ (en
ロシアの旗 エレーナ・コンダコワ
アメリカ合衆国の旗 マイケル・フォール

フォールをミールEO-23のため輸送。
32 ソユーズTM-26
打ち上げ:
1997年8月5日
ドッキング期間
~196日間
ロシアの旗 アナトリー・ソロフィエフ

ロシアの旗 パーヴェル・ヴィノグラードフ

ミールEO-24の乗員を輸送。
33 STS-86 (en
アトランティス
打ち上げ:
1997年9月27日
ドッキング期間
5日間22時間
アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ウェザービー

アメリカ合衆国の旗 マイケル・ブルームフィールド (en
アメリカ合衆国の旗 スコット・パラジンスキー (en
アメリカ合衆国の旗 ウェンディ・ローレンス
フランスの旗 ジャン=ルー・クレティエン (en
ロシアの旗 ウラジミール・チトフ (en
アメリカ合衆国の旗 デイヴィッド・ウォルフ (en

ウォルフをミールEO-24のため輸送。

実験装置MEEP (enを回収。
一人が宇宙遊泳

34 STS-89 (en
エンデバー
打ち上げ:
1998年1月22日
ドッキング期間
4日間21時間
アメリカ合衆国の旗 テレンス・ウィルカット (en

アメリカ合衆国の旗 ジョー・エドワーズ (en
アメリカ合衆国の旗 ボニー・J・ダンバー
アメリカ合衆国の旗 マイケル・アンダーソン
アメリカ合衆国の旗 ジェームス・レイリー (en
ロシアの旗 サリザン・シャリポブ (en
アメリカ合衆国の旗 アンディ・トーマス

トーマスをミールEO-24のため輸送。
35 ソユーズTM-27
打ち上げ:
1998年1月29日
ドッキング期間
~206日間
ロシアの旗 タルガット・ムサバイエフ

ロシアの旗 ニコライ・ブダーリン
フランスの旗 レオポール・アイアール

ミールEO-25の乗員を輸送。

アイアールはソユーズTM-26にて22日後に帰還。

36 STS-91 (en
ディスカバリー
打ち上げ:
1998年6月2日
ドッキング期間
3日間23時間
アメリカ合衆国の旗 チャールス・プリコート (en

アメリカ合衆国の旗 ドミニク・ゴーリィ (en
アメリカ合衆国の旗 ウェンディ・ローレンス
アメリカ合衆国の旗 フランクリン・チャン=ディアス
アメリカ合衆国の旗 ジャネット・L・カヴァンディ
ロシアの旗 ワレリー・リューミン

ミールEO-25乗員のトーマスをさせた。
37 ソユーズTM-28
打ち上げ:
1998年8月13日
ドッキング期間
~196日間
ロシアの旗 ゲンナジー・パダルカ

ロシアの旗 セルゲイ・アヴデエフ
ロシアの旗 ユーリー・バトゥーリン

ミールEO-26の乗員を輸送。

バトゥーリンはソユーズTM-27にて12日後に帰還。

38 ソユーズTM-29
打ち上げ:
1999年2月20日
ドッキング期間
~186日間
ロシアの旗 ヴィクトル・アファナシェフ

フランスの旗 ジャン=ピエール・エニュレ
スロバキアの旗 イヴァン・ベラ

ミールEO-27の乗員を輸送。

ベラはソユーズTM-28にて8日後に帰還。

39 ソユーズTM-30
打ち上げ:
2000年4月4日
ドッキング期間
~70日間
ロシアの旗 セルゲイ・ザリョーチン

ロシアの旗 アレクサンドル・カレリ

ミールEO-28の乗員を輸送。

関連項目[編集]

参考文献[編集]