ミンチョ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミンチョ川(サルカ川)
ミンチョ川 2007年4月28日撮影
ペスキエーラ・デル・ガルダ近郊
延長 194※1 km
水源の標高 770※2 m
平均流量 60 /s
流域面積 2,859 km²
水源 ピンツォーロ
河口・合流先 ポー川マントヴァ付近)
流域 イタリアの旗 イタリア
表内はすべてサルカ川を含めた数値。
※1:内訳はサルカ川78km、ガルダ湖41km、ミンチョ川75km
※2:ミンチョ川起点における標高は65m
テンプレートを表示

ミンチョ川(Mincio)は、イタリア北部のトレンティーノ=アルト・アディジェ州ヴェネト州およびロンバルディア州を流れるである。ガルダ湖を境に上流部ではサルカ川(Sarca)という名前が付けられている。ミンチョ川と呼ばれる下流部沿岸のほとんどの区域が1984年からミンチョ公園として指定されている。

サルカ川は、ガルダ湖より上流のトレンティーノに属する。ブレンタ山塊に源を発するサルカ・ディ・カンピリオ川(Sarca di Campiglio)とマンドローネ・スッラダメッロ氷河に発するサルカ・ディ・ジェーノヴァ川(Sarca di Genova)がピンツォーロ合流し、サルカ川となり、ヴァル・レンデーナ(Val Rendena)とジュディカーリエ・エステルネ(Giudicarie esterne)を流れ、トルボレ・スル・ガルダ(Torbole sul Garda)付近でガルダ湖に流入する。

湖を出るとミンチョ川となりパダーナ平原を大きな落差[1]で流れ、マントヴァの低地にある三つの湖を潤す。南東に流れゴヴェルノロ(Governolo)付近でポー川の左岸に合流する。ゴヴェルノロ付近にはいくつか規則正しい堰によって護岸されている。

マントヴァからポー川との合流地点と重要な工業地帯まで船が航行可能である。

流域の自治体[編集]

ミンチョ川起点より下流のみ記載

脚注[編集]

  1. ^ ペスキエーラからゴーイト間の28kmで34m下る。