ミンダウカス家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミンダウカス家リトアニアの統治者として最初に知られ且つ疑う余地のないミンダウカスを中心におくリトアニア大公国の最初の王家である。ミンダウカスは1253年リトアニア国王として戴冠し、その10年後に暗殺された。ミンダウカスの知られている一族の関係者は息子の代で終っており、玄孫に関して、あるいは1285年ブティゲイディスに始まり1572年ジーギマンタス・アウグスタスで終わったリトアニア及びポーランドを統治したゲディミナス家との関係についての史料は残されていない[1]

初期リトアニアの歴史について書かれた資料が極めて乏しいことから歴史家が完全な系図を復元するには仮定を考慮に入れなければならない。さらに事態を厄介にさせているのは16世紀から17世紀に書かれた系図(その中で最も有名なのがブィホヴィエツ年代記)が伝説と史実を混同していることである[2]ローマ帝国からリトアニアに移住して公国を立ち上げたとされるパレモナス朝の伝説は、すっかり人気となり系図に広く普及することとなった。現実の歴史上の史料はロシアリヴォニアの年代記から来ているが、その中で最も重要なのはイパチフの法典である。

概要[編集]

ミンダウカスとその兄弟のダウスプルンガス初期5人の公間で最初に言及されるのが1219年ハールィチ・ヴォルィーニ大公国との条約である。この時から兄弟とも比較的に若く、高い地位を継承したことが暗に認められる[3]。しかしながら、積極的な大公(ein kunic grôß)が死んだと言及するリヴォニア押韻年代記を除き、兄弟の父に関する時代は史料には書かれていない。16~17世紀に書かれた年代記は兄弟の父をリムガウダス (リトアニア語: Rimgaudas)と記し、パレモナス朝の伝説の一部としている[3]

ダウスプルンガスはそれ以外のところでは言及されていない。しかしながら、ミンダウカスには、自らに叛旗を翻したタウトヴィラスゲドヴィダスという2人の甥がいたことが知られている。歴史家はミンダウカスのその他の兄弟についての資料を有していないが、次第に2人はダウスプルンガスの息子ではないかと推測するようになった[4]1249年から1252年までの内戦中にタウトヴィラスとゲドヴィダスは義理の兄弟であるハールィチ・ヴォルィーニ大公ダニィーロに支援を求めた。この僅かな情報は兄弟には姉妹がいたことを指し示している。その姉妹はダニィーロの2番目の妃であったが2人の間には子をもうけることはなかった。ダウスプルンガスの妻は恐らくはジェマイティヤ公ヴィーキンタスの姉妹だが、それゆえにヴィーキンダスはタウトヴィラスとゲドヴィダスの叔父にある[4]。ゲドヴィダスに関する最後の伝聞として1253年ボヘミアで死んだと信じられている [5]。 タウトヴィラスは1263年に従兄弟のトレニオタに殺された。何人かの歴史家はタウトヴィラスにはヴィテブスクを統治したコンスタンティンという息子がいたと主張<しているが[6]、 他の歴史家は異なる見解としてタウトヴィラスの息子は1271年ノヴゴロドからプスコフに送られたアイグストだと主張する[7]

最初の1人について知られなともミンダウカスには3人の妻がいたと仮定されている。この仮定が成り立つ理由としてミンダウカスにはヴァイシュヴィルガスと名前の知られていない娘という既に独立した生活を送っていた2人の年上の子供がいたが、他方、 モルタとの間に出来た幼い子供は未だ父に依存した生活を送っていたからである[8]。 ヴァイシュヴィルカスは宛も正教会に己の身を捧げるようになり、リトアニア大公の位を死後の後継者に任じていた義兄弟であるシュヴァルナスに自発的に譲った[9]。唯一知られるミンダウカスの娘は1255年にシュヴァルナスと結婚することでガリツィア の王妃(1255年–1264年)及びヘウムの侯妃 (1264年)となった。資料によるとシュヴァルナス没後にその兄弟のレーフはユイドとの同盟を考慮に入れて子供のいない寡婦と結婚した。レーフの子供達は西ウクライナ及びポーランドにおけるサスの貴族の家系の創始者となった[10]

1219年のハールィチ・ヴォルィーニ大公国との条約での注釈ではミンダウカスはブリオニス家のヴィスマンタスの妻を奪取したと記載されていえる。ヴィスマンタスの妻とモルタは同一人物ではないかと仮定される[8]。ヴィスマンタスはミンダウカスに対する戦闘で1252年に死んだことが知られているが、ミンダウカスとモルタの結婚の資料に関しては知られていない。モルタとの間にどれくらい子を儲けたのかは一致しない。年代記は1261年にレプリスとゲルストカスの2人の息子について言及している。1263年にルクリスとルペイキスの2人の息子はミンダウカスとともに暗殺された。これが唯一の信用に足りる情報であるが、歴史家の間では筆記者による名前の歪曲に伴う2人の息子は同一であるのか、息子は4人だったのか一致しない[8]。 ヴァイシュヴィルカスとタウトヴィラス(2人ないし4人の息子がおり、夭折したのではないかと指摘されている[8])を除き、暗殺後の公位を巡る何人かの競争相手に関する資料はない。

モルタ没後の1262年にミンダウカスはダウマンタスと結婚していた名前の知られていないモルタの姉妹を奪い取った。この暴挙はダウマンタスをトレニオタとの同盟及びミンダウカスをその2人の息子とともに暗殺させる動機となった。トレニオタはミンダウカスの甥である。トレニオタはジェマイティア公であるヴィーキンタスないしエルヴィダスの息子であると信じられている[4]。 仮に本当にヴィーキンタスの息子であるのなら、ヴィーキンタスの姉妹と結婚したダウスプルガスとダウスプルガス(及びミンダウカス)の姉妹と結婚したヴィーキンタスという二重の婚姻が存在したことになる[4]。エルヴィダスは1219年の条約に言及されているだけである。その他の甥であるレングヴェニス1242年から1260年,にかけてリトアニア国家において重要な役割を果たした[11]

系図[編集]

Please note the assumptions outlined above
祖先 子供 義理の子供
 
           
  ハールィチ・ヴォルィーニ王ダニールと結婚
ダウスプルガス         タウトヴィラス
  1219年に言及されているだけ ヴィーキンタスの姉妹   1263年に死去
    ゲドヴィダス
  1253年に死去
  ヴァイシュヴィルガス
  (最初の妻)     1264年から1267年までリトアニア大公
   
 
    ガリツィアシュヴァルナスと結婚
    レプリス
      1261年のみ言及
      ゲルストカス
ミンダウカスの父     ミンダウカス     モルタ (2番目の妻)     1261年のみ言及
伝説では リムガウダス   1236年から1263年までリトアニア大公/国王   ヴィスマンタスの妻、1262年頃死去
  ルクリス
      1263年に死去
      ルペイキス
      1263年に死去
    (3番目の妻)
  ダウマンタスの妻でモルタの姉妹
          レングヴェニス
    ナルシュア 1260年後に死去
      ヴィーキンタス ないし エルヴィラス     トレニオタ
  ジェマイティヤ 1263年から1264 年までリトアニア大公

主要資料: Kiaupa, Zigmantas; Jūratė Kiaupienė, Albinas Kunevičius (2000) [1995], The History of Lithuania Before 1795 (English ed. ed.), Vilnius: Lithuanian Institute of History, p. 67, ISBN 9986-810-13-2 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (リトアニア語) Nikžentaitis, Alvydas (1989), Gediminas, Vilnius: Vyriausioji enciklopedijų redakcija, p. 8 
  2. ^ (リトアニア語) Jonynas, Ignas (1935). “Bychovco kronika”. In Vaclovas Biržiška. Lietuviškoji enciklopedija. III. Kaunas: Spaudos Fondas. pp. 875–878. 
  3. ^ a b (リトアニア語) Kiaupa, Zigmantas (2002), “Baltų žemių vienijimosi priežastys”, Gimtoji istorija. Nuo 7 iki 12 klasės, Vilnius: Elektroninės leidybos namai, ISBN 9986-9216-9-4, http://mkp.emokykla.lt/gimtoji/?id=821 2007年3月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d (リトアニア語) Ivinskis, Zenonas (1937). “Dausprungas”. In Vaclovas Biržiška. Lietuviškoji enciklopedija. VI. Kaunas: Spaudos Fondas. pp. 186–188. 
  5. ^ (リトアニア語) Ivinskis, Zenonas (1939). “Gedvydas”. In Vaclovas Biržiška. Lietuviškoji enciklopedija. VII. Kaunas: Spaudos Fondas. pp. 425–426. 
  6. ^ Simas Sužiedėlis, ed (1970–1978). “Tautvilas”. Encyclopedia Lituanica. V. Boston, Massachusetts: Juozas Kapočius. p. 384. LCC 74-114275. 
  7. ^ Rowell, S. C. (2004), Lithuania Ascending: A Pagan Empire Within East-Central Europe, 1295–1345, Cambridge University Press, pp. 20–21, ISBN 0-521-45011-X 
  8. ^ a b c d Kiaupa, Zigmantas; Jūratė Kiaupienė, Albinas Kunevičius (2000) [1995], The History of Lithuania Before 1795 (English ed. ed.), Vilnius: Lithuanian Institute of History, pp. 43–72, ISBN 9986-810-13-2 
  9. ^ (リトアニア語) Gudavičius, Edvardas (2004). “Vaišvilkas”. Lietuvos valdovai (XIII–XVIII a.): enciklopedinis žinynas. Vytautas Spečiūnas (compiler). Vilnius: Mokslo ir enciklopedijų leidybos institutas. p. 24. ISBN 5-420-01535-8. 
  10. ^ Терлецький М. (2005). Контури роду Драго-Сасів / Вид.2-ге.– Львів:“Центр Європи”, 2005.– 172 c.
  11. ^ (リトアニア語) Varakauskas, Rokas (2004). “Lengvenis”. Lietuvos valdovai (XIII–XVIII a.): enciklopedinis žinynas. Vytautas Spečiūnas (compiler). Vilnius: Mokslo ir enciklopedijų leidybos institutas. p. 22. ISBN 5-420-01535-8.