ミレーユ・ダルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mireille Darc
ミレーユ・ダルク
ミレーユ・ダルク
本名 Mireille Aigroz
生年月日 1938年5月15日(75歳)
出生地 フランスの旗 フランス ヴァール県トゥーロン
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優
ジャンル 映画演劇
活動期間 1960年 -
公式サイト www.mireille-darc.com
主な作品
恋するガリア
ウイークエンド

ミレーユ・ダルクMireille Darc1938年5月15日 - )は、フランス女優である。

人物・来歴[編集]

1938年5月15日、フランス、ヴァール県トゥーロンに生まれる[1]

トゥーロンのコンセルヴァトワールを卒業後、1959年、パリに出て[2]、1960年、オノレ・ド・バルザックの『領主館』を原作としたテレビ映画『地獄の傍らで』でデビュー[2]、同年、短篇映画でスクリーンデビューした。1965年、ジョルジュ・ロートネル監督の『恋するガリア』に主演し、マール・デル・プラタ国際映画祭主演女優賞を受賞、以降、ロートネル作品の常連となる。

1968年、ジャン・エルマン監督の『ジェフ』(1969年)の撮影で初めてアラン・ドロンと共演し、以降、公私ともにパートナーとなる。

1988年、『ソフィー/遅すぎた出逢い』で映画監督としてデビューした。

2006年、レジオンドヌール勲章シュヴァリエ章を、2009年、国家功労章コマンドゥール章をそれぞれ受章している[2]

フィルモグラフィ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1961 何がなんでも首ったけ
La bride sur le cou
マリー=ジャン
1965 大貴族
Les bons vivants
エロイーズ
1966 恋するガリア
Galia
ガリア
皆殺しのバラード
Du rififi à Paname
リリー
海と女と泥棒と
Zarabanda Bing Bing
ポリー
女王陛下のダイナマイト
Ne nous fâchons pas
エグランティーヌ・ミシャロン
エヴァの恋人
À belles dents
エヴァ
1967 太陽のサレーヌ
La grande sauterelle
サレーヌ
ブロンドの罠
La blonde de Pékin
クリスティーヌ・オルセン
牝猫と現金 (げんなま)
Fleur d'oseille
カトリーヌ
ウイークエンド
Week End
コリンヌ・デュラン
1968 枯葉の街
Summit
1969 ジェフ
Jeff
エヴァ
モンテカルロ・ラリー
Monte Carlo or Bust!
マリー=クロード
1970 ボルサリーノ
Borsalino
娼婦 クレジットなし
栗色のマッドレー
Madly
アガサ
1971 狼どもの報酬
Laisse aller... c'est une valse
カーラ
1974 愛人関係
Les seins de glace
ペギー
1977 プレステージ
L'homme pressé
チェイサー
Mort d'un pourri
フランソワーズ
1988 ソフィー/遅すぎた出逢い
La barbare
監督・脚本
1998 女性弁護士マリオン
La justice de Marion
マリオン テレビ映画
2003 ディープ シークレット ~殺人者の海~
Le bleu de l'océan
パトリシア テレビシリーズ
2003-2004 アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ
Frank Riva
クリスティーヌ・シンクレア テレビシリーズ

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ Mireille Darc”. AlloCiné. 2009年7月29日閲覧。
  2. ^ a b c fr:Mireille Darc(17 mai 2009 à 19:07)の記述を参照。

外部リンク[編集]