ミルハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルハウス
品種 サラブレッド
性別 せん
毛色 鹿毛
生誕 1957年
King Hal
Nas Na Rioch
生国 イギリス
生産 メアリー・ベーカー
馬主 ウィリアム・ゴーリングス
調教師 Fulke Walwyn
競走成績
生涯成績 34戦16勝
テンプレートを表示

ミルハウス (Mill House) はイギリス競走馬。1960年代に障害競走で活躍し、アークルのライバルとなった。

デビュー以来、ナショナルハント競走のみに出走している。ミルハウスはアークルと同世代だが、一足先にチェイスの大レースに挑み、1963年に6歳にしてチェルトナムゴールドカップに優勝した。

そして1963年11月30日にヘネシーゴールドカップでアークルと初対決する。このときはミルハウスが勝利しアークルは3着に敗れた。しかし、翌年のチェルトナムゴールドカップやヘネシーゴールドカップなどではアークルに実力の違いを見せ付けられ、結局生涯5回の対戦で勝利したのは最初の一回だけだった。

1966年末にアークルが故障によりターフを去ったあとも出走を続けたが、さすがに衰えを見せはじめ、1968年ウィットブレッドゴールドカップ落馬により競走中止したのを最後に引退した。

主な勝ち鞍[編集]

  • チェルトナムゴールドカップ(1963年)
  • ヘネシーゴールドカップ(1963年)
  • キングジョージ6世チェイス(1963年)
  • ウィットブレッドゴールドカップ(1967年