ミルトン・ヒューメイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルトン・ヒューメイソン
(Milton Lasell Humason)
人物情報
生誕 1891年8月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州ダッジセンター
死没 1972年6月18日(満80歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州メンドシーノ
学問
研究分野 観測天文学
研究機関 ウィルソン山天文台
主な業績 銀河系外星雲スペクトルの赤方偏移の測定
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ミルトン・ラセル・ヒューメイソン(Milton Lasell Humason , 1891年8月19日 - 1972年6月18日)はアメリカ合衆国の天文学者である。日本語ではハマーソン、フーマソン、フマーソンとも表記する。ウィルソン山天文台へ資材を運ぶラバ使いから観測者に転じ、敏腕の観測技術を示し、エドウィン・ハッブルの助手として優れた観測を行った。1950年、スウェーデンのルンド大学から名誉博士号を受けた。

ミネソタ州ダッジセンターに生まれた。高校には進学せず、ウィルソン山山麓のホテルに雇われる。ウィルソン山天文台の建設が始まると、ウィルソン山山頂の天文台に機材を運搬するラバ使いの仕事を行い、好奇心や天文台の技術者の娘と結婚したことなどから1917年に天文台の雑用職として雇われた。すぐに観測技術者の仕事を覚え、1919年に天文学者助手に転じた。エドウィン・ハッブルと働き、1928年に銀河系外星雲スペクトルの赤方偏移の測定などを行った。また近日点の遠い彗星C/1961 R1(フーマソン彗星)を発見した。

天文学史の逸話としては、ヒューメイソンは冥王星の発見を逃している。彼はパーシヴァル・ローウェルの求めに応じて冥王星の探索をおこない発見できなかったが、クライド・トンボーによって冥王星が発見された後、再検査した2枚の観測写真乾板に冥王星が写っていたことが判明した。撮影当時は乾板の傷などのせいで見逃されていた。

カリフォルニア州メンドシーノで死去。

命名

関連図書[編集]

  • ジョン・グリビン他『宇宙はどこまで広がっているか?』寺門和夫訳、清流出版、2005年
  • カール・セーガンコスモス』木村繁訳、朝日新聞社、1980年 - 元になったテレビ番組および本書の「10.The Edge of Forever(宇宙の地平線)」の章でヒューメイソンを取り上げている。