ミルウォーキー・グレイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミルウォーキー・グレイズMilwaukee Grays )は、1878年ウィスコンシン州ミルウォーキーを本拠地として、ナショナルリーグに加盟していたプロ野球チーム。別の愛称として、"Brewers"(ブルワーズ)、"Cream Citys"(クリームシティーズ)など。

球団史[編集]

チームの愛称は元々ビール醸造が盛んな土地柄だったことや、ミルウォーキーの特産だったクリーム色の煉瓦などにちなむ。前年ナショナルリーグは参加6球団のうち3球団(セントルイス、ルイビル、ハートフォード)の運営が破綻し、新たなフランチャイズ探しに迫られていたという事情もあり、球団は1878年にミルウォーキー初のプロ球団としてナショナルリーグに加盟した。

エースのサム・ウィーバーは以前1875年にフィラデルフィアで1試合だけ投げた経験があるだけだったが、この年は防御率1.95と好投を見せた。しかし打線の援護が弱かったようで、彼はこの年リーグ最多の31敗を喫してしまう。攻撃面では、同年デビューした当時20歳のアブナー・ダルリンプルが打率.354を記録する活躍を見せていたが、チーム全体の打率は.250、出塁率は.272にとどまった。

グレイズは6月20日から14連敗を喫するなど序盤から低迷し、6球団中最下位の成績で終わり、同年シーズン中に解散した。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1878年 NL 61 15 45 .250 6位 ジャック・チャップマン Eclipse Park II

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:96(アブナー・ダルリンプル)
  • 通算打点数:27(ジェイク・グッドマン)
  • 通算勝利数:12(サム・ウィーバー)
  • 通算奪三振:95(サム・ウィーバー)

出典・外部リンク[編集]