ミルの方法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミルの方法(ミルのほうほう、: Mill's Methods)は、哲学者ジョン・スチュアート・ミルが1843年の著書『論理学体系』で述べた帰納の五つの方法。これらの方法は、因果関係の問題を解明することを意図している。

これらの方法のうち一致法(method of agreement)、差異法(method of difference)、そして共変法(method of concomitant variations)の三つは、イブン・スィーナーが1025年の著書『医学典範』(アラビア語: القانون في الطب Al-Qanun fi al-Tibb ; ペルシア語: قانون Qanun)ではじめて述べた。残りの二つ、一致差異併用法(joint method of agreement and difference)と剰余法(method of residues)は、ミルがはじめて述べた。

参考文献[編集]

  • Lenn Evan Goodman (2003), Islamic Humanism, p. 155, Oxford University Press, ISBN 0195135806
  • Lenn Evan Goodman (1992), Avicenna, p. 33, Routledge, ISBN 041501929X
  • Copi, Irving; Carl Cohen (2001), Introduction to Logic, Prentice Hall, ISBN 0130337358

外部リンク[編集]

  • Causal Reasoning – いくつかの具体例を見ることができる。(英語)