ミリー・ケサダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミリー・ケサダ
(Milly Quezada)
2010年4月18日撮影
2010年4月18日撮影
基本情報
出生名 ミラグロス・ケサダ・ボルボン
(Milagros Quezada Borbon)
別名 メレンゲの女王
(西:La Reina del Merengue)
(英:The Queen Of Merengue Music)
出生 1952年5月21日(61歳)
出身地 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 サントドミンゴ
ジャンル メレンゲ・ミュージック
ラテン音楽
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1975年 - 現在
レーベル ソニー・ミュージック
ソニー・レコード
Antena Latina Music/Venemusic
共同作業者 Milly & Los Vecinos
Milly, Jocelyn y Los Vecinos
Los Vecinos

{{{Influences}}}

ミリー・ケサダ西: Milly Quezada1952年5月21日 - )は、ドミニカ共和国出身の歌手。本名はミラグロス・ケサダ・ボルボン(Milagros Quezada Borbon)。「メレンゲの女王」と呼ばれている。

女性メレンゲ歌手の先駆けで、ラテンアメリカでは1980年ごろから知られる。これまでにラテングラミー賞、ビルボーズ賞、プレミオス・ロ・ヌエストロ賞、カサンドラ賞、エル・ソベラノ賞などを受賞した。

経歴[編集]

幼い頃から音楽に関心があり、1975年には兄弟とグループ「ミリー・ジョセリン&ロスベシノス」を結成した。メレンゲは元々男性だけが歌う音楽だったが、ミリーは女性で初めてそれを歌った。それゆえ、今までの「マッチョ型」というイメージを破った。

1995年にはRTPレコードレベルからメレンゲ・アルバム「En Tus Manos」を発売。このアルバムのプロモーション中にミリーの夫・マネージャーのラファエル・バスケスが突然死し、ミリーは音楽活動を一時休止した。その2年後に再開し、今のペドロ・ヌネス・デル・リスコマネージャーとソニーから新しいソロアルバム「Hasta Siempre」を発売し、大ヒットした。

1998年にはエルビス・クレスポと一緒にパラ・ダルテ・ミ・ビダというデュエットを結成し、アルバム「Vive」を発売。大ヒットした。

2003年にラテングラミー賞のメレンゲ・アルバム・オブ・ザ・イヤー部門を受賞。ドミニカ共和国の女性歌手でこの賞を最初を受けた女性アーティストになった。2006年にアルバム「MQ」を発売し、またグラミー賞を受賞した。2009年に「Solo Faltas Tu」を発売し、ドミニカ共和国だけで一週間で5万台を売り上げた。シングル「Cheque al Portador」が大ヒットになった。

2011年にはグラミー賞受賞フアンルイスゲラ(Juan Luis Guerra)と一緒にトーマ・ミ・ヴィダ(Toma Mi Vida)というデュエットを結成し、アルバム「Aquí Estoy Yo 」を発売。Aquí Estoy Yoというアルバムは、Victor ManuelleとTito Nievesとのコラボレーションが含まれています。

2012年にラテングラミー賞のコンテンポラリー・トロピカル・アルバム・オブ・ザ・イヤー部門とトロピカル・ソング・オブ・ザ・イヤー部門も受賞。

人気オーディション番組アイドル プエルトリコの2013年よりスタートする最新シーズンの審査員としてミリーが参加することになりました。

現代、ノ・メ・インテレサ(No Me Interesa)という曲のプロモーション中です。

ディスコグラフィー[編集]

Milly y los Vecinos[編集]

ソロ・アルバム[編集]

外部リンク[編集]