ミリンダ (飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミリンダmirinda)は、ペプシコが世界で販売するソフトドリンク商標である。

日本では1964年に発売された。元々スペインで販売されていたフルーツ風味の炭酸飲料フレーバー種類によっては非炭酸)で、ペプシコが商標購入後、世界各地でコカ・コーラ社のファンタと競合する商品としてブランドを展開している。現在、日本市場や北米市場では販売されていないが中国、東南アジア、中近東、南米などではメジャーブランドである。

名前はエスペラントで「不思議な・素晴らしい」を意味するミリンダ(mirinda)に由来する。

日本で発売されたミリンダの種類[編集]

  • オレンジ
  • グレープ
  • レモンライム
  • メロン
  • ストロベリー
  • プラム
  • バニラソーダ
  • フルーツスカッシュ
  • パイナップル(カップベンダー専用)
  • メロンソーダ(カップベンダー専用)
  • オレンジエード
  • クラブソーダ
  • コーヒー飲料(関西地方限定)

当初はファンタと同じく無果汁で販売されていたが、地域によっては1976年ごろからオレンジ及びグレープに関しては果汁入りで販売されるようになった(従来通り無果汁のままの地域も存在)。現在は国内でのビン・缶での販売は終了している。2000年以降も一部の紙コップの自販機ソーダ・ファウンテンで販売を継続していたとの情報もあるが、1998年にペプシコ製品の日本国内での総販売元となったサントリーフーズ自体が競合するソフトドリンクのブランド(例・なっちゃんC.C.レモン等)を持っているため、置き換えられる例が多いようである。ドラマ『俺たちの勲章』の第5話で松田優作が缶入りのミリンダオレンジを飲みながら歩くシーンがある。

日本でCMに起用された人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]