ミラーマスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラーマスク
MirrorMask
監督 デイヴ・マッキーン
脚本 ニール・ゲイマン
製作 サイモン・ムーアヘッド
製作総指揮 マーティン・G・ベイカー
リサ・ヘンソン
マイケル・ポリス
出演者 ジェイソン・バリー
ロブ・ブライドン
ステファニー・レオニダス
音楽 イアン・バラミー
撮影 アントニー・シャーン
編集 ニコラス・ガスター
公開 イギリスの旗 2006年3月3日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ミラーマスク』(Mirror Mask)は、2005年製作のファンタジー映画

登場人物[編集]

  • ヘレナ/闇の王女
演:ステファニー・レオニダス(坂本真綾
  • バレンタイン/若者
演:ジェイソン・バリー(中井和哉
  • 父親/総理大臣
演:ロブ・ブライドン後藤敦
  • 母親/白の女王/闇の女王
演:ジーナ・マッキー山像かおり

※吹き替え声優はDVDでの日本語音声のもの。

概要[編集]

ニール・ゲイマンの原作を元に、デイヴ・マッキーンが監督を担当して製作されたファンタジー映画。ドイツ表現派映画の印象を取り入れた映像[1]が展開されるダーク・ファンタジーで、本来はDVD等のパッケージソフトとして製作されたが、18館限定ながらアメリカで劇場公開された。

ストーリー[編集]

サーカス座の一人娘で曲芸師のヘレナは、他の子供と違った環境で暮らさなければならない事に不満を感じ、母に反抗的に接している。ある日ヘレナが勢いで「死んでしまえばいい」という言葉を投げつけた直後、母が重い病気で倒れる。自分のせいで母が倒れたと悩むヘレナは、ある夜、住んでいるアパートが不思議な世界につながっていることに気がつく。その世界では元々光と闇の世界が微妙な均衡を保っていたが、ヘレナと瓜二つの闇の姫が光の世界にやってきて「ミラーマスク」を盗み出したために光の女王が不思議な眠りに落ちて以来、闇の世界が光の世界を侵し始めていた。母に酷似した光の女王を目覚めさせるために、ヘレナは不思議な世界で知り合った、ヴァレンタインという仮面をつけた若い男と共に、ミラーマスクを探しに出かける。ある時ヘレナが不思議な世界の家々の窓をのぞくと、自分そっくりな娘がヘレナの現実の世界で、現実のヘレナらしくない行動を取っているのが見える。

公開[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本作DVDの特典映像に於ける監督のコメントより。

外部リンク[編集]