ミラード・エリクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミラード・J・エリクソン(Millard J. Erickson、1932年 - )はアメリカ合衆国神学者組織神学の教授、著作家。キリスト教神学に関する20冊以上の本を著している。

近年、エリクソンはオレゴン州ポートランドにあるウェスタン・バプテスト神学校の教授を務めていて、組織神学を教えている。またべテル神学校の学部長でもある。

ノーザレン・バプテスト神学校(Northern Baptist Theological Seminary)とシカゴ大学より神学修士を取得。また、ノースウェスタン大学より哲学博士号を取得している。

著作[編集]

  • 『キリスト教神学(全四巻)』(Christian Theology, Baker Academic)いのちのことば社。
  • Truth or Consequences: The Promise & Perils of Postmodernism, InterVarsity Press,2000
  • Reclaiming The Center: Confronting Evangelical Accommodation In Postmodern Times, Crossway Books,2004
  • A Basic Guide to Eschatology: Making Sense of the Millennium, Baker Academic; Rev. ed.1999
  • What Does God Know and When Does He Know It?, Zondervan,2006

関連項目[編集]