ミランダカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミランダカメラMiranda Camera )とは、

  1. 国産初のペンタプリズム式一眼レフミランダT」(Miranda T )を始めとする全46機種のカメラブランド名、及びそれらを製品化し販売したカメラメーカー
  2. イギリス家電量販店、DIXONSで1980年頃から販売されたカメラ、カメラアクセサリーのブランド。日本のミランダカメラとは技術的、直接的なつながりはないとする研究者が多い。DIXONSの一眼レフカメラ用レンズのレンズマウントペンタックスKマウントである。また、ほとんどの製品は日本製だが日本で正式に販売されたことはない。

以下では主に1のカメラメーカー・ブランドについての説明を行なう。製品に関してはミランダのカメラ製品一覧を参照のこと。


沿革[編集]

このメーカーの前身は1948年設立されたオリオン精機産業有限会社である。創業者は荻原彰(おぎはら あきら、1920-1992年)(東京帝国大学工学部航空工学科卒)、荻原の一年後輩にあたる大塚新太郎 (おおつか しんたろう、1921-2005年)が1962年頃までミランダカメラの設計を担当した。荻原、大塚の両人とも、黎明期のロケットジェット機の開発に携わった技術者。ミランダは先端技術の研究者が作り上げたカメラだったのである。

カメラ製造以前は業務用、報道用カメラの修理、改造、カメラアクセサリー、接写装置の製造販売が中心であったが、1954年、実際に撮影が可能なペンタプリズム一眼レフカメラ「フェニックス」(Phoenix )を発表したことで国内のカメラ業界の耳目を広く集めた。

1955年8月、「フェニックス」(Phoenix )を元に市販された国産初のペンタプリズム一眼レフカメラ、「ミランダT」(Miranda T )の発売を機にオリオンカメラ株式会社(Orion Camera Co. )に社名を変更し、さらに1957年ミランダカメラ株式会社(Miranda Camera K.K. )に変更した。

「ミランダ」という名称の由来については諸説あるが、1955年写真工業誌上に荻原の署名記事があり、「MirandaのMirは…(中略)MirrorやMirade(ママ)のMir-で、レフカメラとしては妥当であり、語尾の-andaは女性的だが全体の調子を整え、やわらかな、快い響きをもっている」(掲載誌から引用)との説明がある。またあまりカメラ的とは言えない名前である「ミランダ」の採用理由の一つは、輸出に際しての商標登録の衝突を避けるためでもあった。なお、発売当時の文献では他に明確な説明は見つかっていない。

ミランダカメラ本社は東京都狛江市、営業所は六本木にあった。戦後雨後のタケノコのように現れたカメラメーカーの中では群を抜いた技術力と品質を持ち、好調な輸出にも支えられ大成功した企業の一つであったが、1960年から1964年の5年間にわたり国内でのカメラ販売が突然中止されるなど国内では既成カメラメーカーの厚い販売網に阻まれ苦戦した。

経営が好調期にあった1968年、取引先でもあった商社、AIC(Allied Inpex Corporation )がミランダカメラ株を買収しはじめ、1969年1月、AICはミランダカメラの株式を100%取得、創業会長であった萩原は辞任、引退した。同年AICはドイツに「ソリゴール」社を設立した。

1976年、AICが経営資金を途絶、12月10日の雨の朝黒字倒産した。倒産の理由は、オイルショック以降の収益の悪化、カメラの開発の技術的立ち後れ等、問題が重なったためとされる。一説には負債総額は20億円と言われる。

ミランダカメラが最後に発売した一眼レフは1976年の「ミランダEE-2」とプラクチカマウントの「ミランダTM-2」だが、日本国内では1975年の「ミランダdx-3」が最後の正規販売製品とされる。

このミランダ倒産を皮切りに技術革新の対応に遅れたカメラメーカーでは経営不振が表面化しはじめた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]