ミラクルマスター/7つの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラクルマスター/七つの大冒険
The Beastmaster
監督 ドン・コスカレリ
脚本 ドン・コスカレリ
ポール・ペパーマン
製作 ポール・ペパーマン
シルヴィオ・タベット
出演者 マーク・シンガー
タニア・ロバーツ
リップ・トーン
ジョン・エイモス
音楽 リー・ホールドリッジ
撮影 ジョン・オルコット
編集 ロイ・ワッツ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年8月21日
日本の旗 1983年10月15日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
テンプレートを表示

ミラクルマスター/七つの大冒険』(原題:The Beastmaster)は、1982年アメリカイタリア合作映画。動物を意のままに操つることのできる主人公が、悪逆非道な司祭を倒すまでを描いたファンタジーアドベンチャー作品。

ストーリー[編集]

大古の昔。広大な砂漠を領するアルークという国では、国王ゼッドから実権を奪おうと企む悪徳司祭のマークスが、アー教という宗教を盾に傍若無人の振る舞いをしていた。

ある時、妖怪から「これから生まれる2人の間の子供が、お前を殺すだろう」とを聞いたマークスは怒り、妖怪に子供を殺せと命じた。妖怪は王夫婦から子供を奪い、王妃の子宮の子供を連れて来た牛の腹に移しかえる。野原で牛の腹を裂き、子供を殺そうとするが、通りかかった旅人が妖怪にナイフを投げて子供を助けた。旅人はエムール国の長老で、彼は子供をダールと名付け自分の子として育てる。

少年になったダールは、熊を自分の意のままに操つれる能力に気付いた。月日がたち青年となったダールは、丘で畑仕事をしていると、蛮族ジャンが襲いかかってきて、エムールはダールを除いて全滅した。彼は以前、父が自分は本当の親ではないこと、正体を知りたかったらアルークの谷へ行けといっていたことを思い出し、彼の目というべき鷲と愛犬コドを連れて旅へ出る。途中で2匹のいたずら者のフェレットや、熊、黒豹が仲間に加わり、ダールはマークスの邪悪な陰謀に立ち向かう。

スタッフ[編集]

  • 監督:ドン・コスカレリ
  • 製作:ポール・ペパーマン、シルヴィオ・タベット
  • 脚本:ドン・コスカレリ、ポール・ペパーマン
  • 撮影:ジョン・オルコット
  • 音楽:リー・ホールドリッジ
  • 編集:ロイ・ワッツ
  • 美術:コンラッド・A・アンゴーン
  • 録音:アンソニー・サンタ・クロース
  • SFX/VFX/特撮:マイケル・マイナー
  • 特殊メイク:ウィリアム・マンズ
  • 衣裳デザイン:ベティ・ペカ・マッデン

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS テレビ朝日
ダール マーク・シンガー 大塚芳忠 原康義
キリ タニア・ロバーツ 土井美加 高島雅羅
マークス リップ・トーン 石田弦太郎 坂口芳貞
セス ジョン・エイモス 内海賢二
タル ジョシュ・ミルラッド 浪川大輔
ゼッド ロッド・ルーミス 嶋俊介
サッコ ラルフ・ストレイト 阪脩
若きダールの父 ベン・ハマー 藤本譲
若き日のダール ビリー・ジャコビー
ゼッドの妻 ヴァナ・ボンタ

外部リンク[編集]