ミューズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミューズリー
刻んだバナナをミューズリーに添えて牛乳をかけたメニュー

ミューズリースイスドイツ語:Müesli、Birchermüesli、Birchermus、標準ドイツ語:Müsli、英語Muesli、Birchermuesli)とは、ロールドオーツ(燕麦の押麦)などの未調理の加工穀物ドライフルーツナッツ種子類などを混ぜ合わせたシリアル食品の一種である。主に牛乳ヨーグルトなどにかけてふやかして食べる。 市販のミューズリーには砂糖蜂蜜で調味されているものもある。好みの配合を自作することもできる。

発祥地であるスイスでは、元来軽い夕食として食べることが多かった。

呼称[編集]

その名 Müesli (ミューズリー)は、「シチュー」などを意味するスイスドイツ語の Mues に縮小辞 -li がついたものである。 また、Birchermüesli (ビルヒャーミューズリー)および Birchermus (ビルヒャームース)は、発明者名 M. Bircher-Benner (詳細は後述)を冠した呼称である。

なお、ミューズリーにブッターブロートenバターつきパン)とカフェ・オ・レを添えたものは、ドイツ語で Birchermüesli complet (ビルヒャーミューズリー・コンプレット、意:完全なミューズリーまたはミューズリー一式)と呼ばれる。

歴史[編集]

1900年頃、生の果物野菜が療養に必須であると考えたスイス人医師マクシミリアン・ビルヒャー=ベンナーen)が、自身の経営するサナトリウムの患者のためにミューズリーを考案した。ビルヒャー=ベンナー夫妻がアルプス山脈を登山した折りに食べた、山岳放牧の牧童の間に伝わる伝統的な食事から発想を得たとされる。ビルヒャー=ベンナーのミューズリーは、水に浸してふやかした未調理の押しエンバク(燕麦)を主に、レモン汁、コンデンスミルク、おろしたリンゴから成り、好みで生のヘーゼルナッツアーモンド粉末をふりかけた、ローフードに非常に近いものであった。コンデンスミルクが使われているのは、当時は冷蔵技術やパスチャライゼーションが普及しておらず、生乳の衛生に問題があったからである。ビルヒャー=ベンナー自身はこの食物を単に "d'Spys" (仮名転写:ト・シュピーズまたはト・スピーズ。スイスドイツ語で「食事」「食べ物」の意)と呼んでいた。

現在見られる形のミューズリーは、1960年代欧米で健康食品やベジタリアニズムへの関心が高まって普及したものである。

近年、全粒穀物栄養価の高さが注目されていることから日本でも人気を集めつつある。一部では「ムエスリー」と表記された商品もあった。

関連項目[編集]