ミヤマニガイチゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマニガイチゴ
Rubus subcrataegifolius 1.JPG
福島県磐梯山 2010年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: キイチゴ属 Rubus
: ミヤマニガイチゴ
R. subcrataegifolius
学名
Rubus subcrataegifolius (H.Lév. et Vaniot) H.Lév.
シノニム

本文参照

和名
ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺、Rubus subcrataegifolius)はバラ科キイチゴ属に分類される落葉低木

特徴[編集]

は高さ1mに達し、茎や枝は無毛であるが、全体に小さな刺がまばらにある。は長さ3-8cmの葉柄をもって互生する。葉は単葉で3裂するが、しない場合もある。葉身は長卵形で長さ4-10cm、中央の裂片は大きく長く、先端はとがり、基部は切形または心形で、縁は重鋸歯になる。葉の裏面は粉白色を帯び、葉脈と葉柄に刺がある。

花期は5-6月。前年枝の葉脈から長さ7-10cmの花枝を出し、3-4個の小さな葉をつけ、1-4個の花をつける。は径2-2.5cmになる白色の5弁花で、長さ1-4cmの小花柄がある。花後8-9月、果実は径1-1.5cmの球形になって赤色に熟す。

分布と生育環境[編集]

日本特産で、本州の近畿地方から東北地方に分布し、ニガイチゴが生育する場所より高い場所、ブナ帯林の山地の林縁など日当たりのよい場所に生育する。

シノニム[編集]

  • Rubus koehneanus Focke
  • Rubus microphyllus L. subsp. koehneanus (Focke) Sugim.
  • Rubus microphyllus L. var. subcrataegifolius (H.Lév. et Vaniot) Ohwi

ギャラリー[編集]

果実は食用になる。 

参考文献[編集]