ミヤマセンキュウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマセンキュウ属
Conioselinum filicinum 3.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ミヤマセンキュウ属 Conioselinum
学名
Conioselinum Fisch.
  • 本文参照

ミヤマセンキュウ属(ミヤマセンキュウぞく、学名:Conioselinum、和名漢字表記:深山川芎属)はセリ科の一つ。

特徴[編集]

多年草は直立し、は有柄で3出羽状複葉になり、葉柄の下部は鞘状に広がり茎を抱く。は複散形花序になり、花柄の下の総苞片と小花柄の下の小総苞片があるが、ときに無い場合がある。筒の先の萼歯片は目立たない。花弁は5弁で白色。果実は無毛で、分果の側隆条は広い翼状になる。

北半球に約12種が知られ、日本では2種が分布する。

日本の種[編集]

  • ミヤマセンキュウ Conioselinum filicinum (H.Wolff) H.Hara -北海道、本州中部地方以北、千島に分布。
  • カラフトニンジン Conioselinum chinense (L.) Britton, Sterns et Poggenb.(シノニムConioselinum kamtschaticum auct. non Rupr.) -北海道、本州北部、千島、樺太、カムチャツカ、アリューシャン、アラスカ、北カリフォルニアに分布。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]