ミヤマクワガタ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマクワガタ属
Lucanus cervus.jpg
ヨーロッパミヤマクワガタ
Lucanus cervus
頭部耳状突起が発達している
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 甲虫目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科 Lucanidae
亜科 : クワガタムシ亜科 Lucaninae
: ミヤマクワガタ属 Lucanus
学名
Lucanus
Scopoli1763[1]
亜属

ミヤマクワガタ属(ミヤマクワガタぞく Lucanus)は昆虫綱甲虫目クワガタムシ科に属する分類群。ユーラシア大陸全般の、殊に冷涼な気候の地域に広く分布し、その中でもヒマラヤ地方にて種分化が進んでおり、この地域で発生したのではないかと考えられている。オオクワガタ属ノコギリクワガタ属と並んで雌雄二形が著しいクワガタムシの代表属であるが、分子系統解析などから、ミヤマクワガタ属の雌雄二形はこれら2属と同一起源ではなく、雌雄の形態差がそれほど極端ではないオニクワガタ属と非常に近縁で、これと共通の雌雄差が著しくない形態の祖先から、オスが樹液などの餌場を縄張りとして防衛し、そこにやって来る雌を獲得する方向に収斂進化したものと考えられている。

飼育技術の発達著しいオオクワガタ属やノコギリクワガタ属の属する系統と異なり、土に産卵するタイプで、幼虫も多くは腐植土状にまで分解が進んだ朽木を摂食していること、大型の成虫を得るためにはそこまで分解が進んだ朽木で栄養価に富んだものを幼虫に与えなければならないことに加え、全般的に高温を嫌う傾向が明らかで、季節による気温変動の大きい我が国において人為的に適温を維持することが難しいこともあり、飼育繁殖は若干難しい部分がある。他にもこれらの系統と異なる性質を多く有する。

体の構造[編集]

雄の頭部が隆起して冠のようになっており、これは(頭部耳状突起と呼ばれるが、原始的な種の中にはこれを欠くものも存在する。また、通常は耳状突起を持つ種でも、大顎が発達しない小型個体では発達が悪い。雄の大顎の内側には大きい内歯が2-3本見られ、その間とそれより根元にかけて細かい内歯が生えることが多い。多くの種は顎の先端が二股に分かれる。

茶色または黒色のものが多いが、一部前翅に黄紋ができる種も存在する。80mm-100mmに達する大型の種も多い。

また、本属は中・後脚の脛節に3-4本ほどの棘を持ち、オオクワガタ属やノコギリクワガタ属では中・後脚の脛節に棘が0-1本しかないことと比べて際立った特徴と言える。これと似たような形状の脚を持つのはチリクワガタ属タランドゥスオオツヤクワガタコロフォンクワガタの類であるが、これらとの類縁関係は必ずしも近くないとされている。

本属と幼虫の生態面などで似ている属は、オニクワガタ属マルバネクワガタ属ツヤクワガタ属ホソアカクワガタ属である。

[編集]

日本[編集]

ミヤマクワガタ70mm
(エゾ型)
ミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus
日本でお馴染みのクワガタムシである。暑さと乾燥とに弱いため、標高の高い地域や北海道のような冷涼な地域でよく見られる。細かい体毛を有し、茶色く見える。脚の腿節は黄色い。昼間にも活動する。
原名亜種 L. m. maculifemoratus
本土一帯。DNAレベルでの変異は確認されていないが幼虫期の環境温度によって下記の3種類の型が発生する事が知られている。
エゾ型
大顎先端の二股が著しく発達し第一内歯が殆ど発達しない。幼虫期に低温を体験させると何処の産地のものでもエゾ型の表現をする。標高の高い地域や北海道で良く見られる。エゾ型が多く発生する北海道でも近年の温暖化の影響か道南では基本型・フジ型、道央では基本型も発生している。
基本(ヤマ)型
大顎先端の二股はエゾ型程発達せず第一内歯は第三内歯とほぼ同等の大きさ。エゾ型の幼虫でも低温期を設けないと基本型になる。
フジ(サト)型
大顎先端の二股の発達が悪く小さい。第一内歯の発達が著しく第三内歯とは桁違いな大きさ。幼虫期に高温で飼育をすると出現し易い。比較的標高が低い地域では良く見られる。
イズミヤマクワガタ L. m. adachii
伊豆諸島大島利島新島神津島三宅島オオバヤシャブシを好む。1995年に記載。
チョウセンミヤマクワガタ L. m. dybowskyi
朝鮮半島アムール・中国北部
チュウゴクミヤマクワガタ L. m. boileaui
中国湖南省四川省陝西省雲南省チベット
タカサゴミヤマクワガタ L. m. taiwanus
台湾
L. m. jilinensis
中国吉林省
アマミミヤマクワガタ L. ferriei
奄美大島。大アゴの湾曲が弱く、頭部の耳状突起も形状が異なる。日本のミヤマクワガタよりはタイワンミヤマクワガタに近い。
ミクラミヤマクワガタ L. gamunus
御蔵島神津島。2, 3cm程にしかならない。その特異な生息地や形状には謎が多い。原始的であるため学術的に貴重であり、準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト)に指定されている。地元では土鍋で飼育している。ミヤマクワガタほど明瞭ではないが、型と呼べるようなものが存在する。これらの特徴はメスでも見られる。
  • 基本型 - 全体が黒色。
  • 横紋型 - 前翅に黄紋が見られる。
  • 頭部前胸赤褐色型 - 前胸背板から前が赤褐色。
  • 頭部前胸赤褐色横紋型 - 前翅に黄紋が見られ、前胸背板から前が赤褐色。
  • 赤褐色型 - 全体が赤褐色。1個体のみが確認されている。

日本以外[編集]

一部を記す。

ヨーロッパミヤマクワガタ L. cervus
ユーロミヤマクワガタともいう。唯一のヨーロッパに生息する大型種であり、日本のカブトムシのように「クワガタムシ」を意味する単語でも本種のみを指すことがある。ヨーロッパ言語でクワガタムシを言う時鹿の表現が多いのは、本種のためだろう。殆どの地域で保護対象となっており、採集は難しい。
原名亜種 L. c. cervus
ヨーロッパ全域
L. c. turcicus
トルコブルガリア
L. c. akbesianus
シリア
ユダイクスミヤマクワガタ L. judaicus
ジュダイクスミヤマクワガタとも言う。ミヤマクワガタ属最長。シリア東部に生息する。
この他にも一昔前の文献などには様々な亜種が記載されているが、統一された見解がないのが実情である。
カンターミヤマクワガタ L. cantori
ヒマラヤ地方に生息。横幅が広い種である。
メアレースミヤマクワガタ L. mearesii
ヒマラヤ地方に生息。中央から少し先端寄りに2本の内歯を持つ。
パリーミヤマクワガタL. parryi

中国江西省福建省に生息。ミクラミヤマクワガタに近縁の種とされる。

ヘルマンミヤマクワガタ L. hermani
中国に生息。プラネットミヤマクワガタと似ているが、本種は大顎の付け根に内歯がある。
シセンミヤマクワガタ L. szetschuanicus
中国四川省陝西省などに生息する。中型のミヤマクワガタ。
フェアメイルミヤマクワガタ L. fairmairei
中国四川省チベットなどに生息する。中型のミヤマクワガタ。
ドンミヤマクワガタ L. dongi
ベトナム中部に生息。2009年に新種として記載された、大型個体では大顎先端部の内歯がヘラ状になることが特徴的な種。
ルックミヤマクワガタ L. luci
ベトナム中部に生息。2010年に新種として記載された、ツカモトミヤマクワガタに似た種。
ゲアンミヤマクワガタ L. ngheanus
原名亜種 L. n. ngheanus
ベトナム中部ゲアン省に生息。2009年に新種として記載された。やや小型のミヤマクワガタ。
L. n. phuongi
ベトナム中部コントゥム省に生息。2012年に新亜種として記載された。
フッケンミヤマクワガタ L. fujianensis
中国福建省広東省陝西省に生息。赤褐色の体色をした種。
クラーツミヤマクワガタ L. kraatzi
原名亜種 L. k. kraatzi
中国雲南省貴州省四川省チベット自治区に生息。ノビリスミヤマに似ているが耳状突起の形状などが異なる。
L. k. giangae
ベトナム北部に生息。
ノビリスミヤマクワガタ L. nobilis
中国雲南省からベトナム北部にかけて生息。クラーツミヤマクワガタに似た種。
プラネットミヤマクワガタ L. planeti
中国からベトナムにかけて生息する。頭楯がV字型に発達する。
アングスティコルニスミヤマクワガタ L. angusticornis
原名亜種 L. a. angusticornis
ベトナム北部やラオスに生息する。細長い大顎をもつ。
L. a. inclinatus
中国雲南省に生息する。原名亜種との決定的な差異は大顎がかなり湾曲することである。
ルニフェルミヤマクワガタ L. lunifer
原名亜種 L. l. lunifer
ネパール
L. l. franciscae
アッサム地方
ラミニフェルミヤマクワガタ L. laminifer
先端の内歯は短く、根元のものを欠く。
原名亜種 L. l. laminifer - 中国からインド
L. l. vitalisi - ベトナムラオス
L. l. lucidulus - ミャンマー
タイワンミヤマクワガタ L. formosanus
台湾に生息。ヘルマンミヤマクワガタやプラネットミヤマクワガタに似た体型を持つ。日本のアマミミヤマクワガタに比較的近い種であるとされる。
ヒメミヤマクワガタ L. swinhoei
台湾に生息。
フライミヤマクワガタ L. fryi
原名亜種 L. f. fryi
タイミャンマーに生息。頭楯がM字型に発達し、細かい内歯がない。
L. f. schepanskii
インドアルナーチャル・プラデーシュ州に生息。個体変異の差が大きく、亜種とすることを疑問視する考えもある。
ルディビナミヤマクワガタ L. ludivinae
中国雲南省四川省ミャンマー北部に生息。
ツカモトミヤマクワガタ L. tsukamotoi
タイナン県ラオスに生息する。2002年に新種として記載された、黄色の体色をした中型の種。
チベットミヤマクワガタ L. tibetanus
前種に似るが、こちらは頭楯がY字型になる。
原名亜種 L. t. tibetanus
中国雲南省四川省
L. t. katsurai
ベトナムサパ州
L. t. isakii
ミャンマーカチン州
ヴェムケンミヤマクワガタ L. wemckeni
インドアルナーチャル・プラデーシュ州に生息する、特異な大顎が特徴的な中型種。得られている数が少ない珍しい種。
エラフスミヤマクワガタ L. elaphus
北アメリカ五大湖オンタリオ湖周辺に分布し、日本産ミヤマクワガタや、ヨーロッパミヤマクワガタに比べてやや小型。北アメリカのクワガタムシでは最大種である。
カプレオルスミヤマクワガタ L. capreolus
北アメリカのロッキー山脈東部に分布し、大顎が短めで丸いのが特徴である。
プラキドスミヤマクワガタ L. placidus
北アメリカ南東部から北東部にかけて分布する小型種。大顎はあまり発達しない。
マザマミヤマクワガタ L. mazama
アメリカ合衆国南部のアリゾナ州ニューメキシコ州ユタ州に分布。付属肢も胴体も短く、ズングリした体型を持つ。

脚注[編集]

  1. ^ Genus Lucanus Scopoli, 1763”. BioLib. 2011年4月26日閲覧。
  2. ^ Subgenus Lucanus Scopoli, 1763”. BioLib. 2011年4月26日閲覧。
  3. ^ Subgenus Pseudolucanus Hope & Westwood, 1845”. BioLib. 2011年4月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『月刊むし増刊号 BE-KUWA』23号、むし社。