ミヤマエンレイソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマエンレイソウ
Trillium tschonoskii (200204).jpg
ミヤマエンレイソウ(山梨県釈迦ヶ岳・2002年4月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: エンレイソウ属 Trillium
: ミヤマエンレイソウ T. tschonoskii
学名
Trillium tschonoskii Maxim.
和名
ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、学名:Trillium tschonoskii )は、ユリ科多年草。別名、シロバナエンレイソウ(白花延齢草)。

特徴[編集]

太く短い根茎から、高さ20-40cmのが1本伸び、その先端に3枚のを輪生する。葉は葉柄を持たず、茎から直接生ずる。葉の形状は丸みを帯びたひし形で、直径は10-20cm程度。3枚の葉の中心から短い花柄が伸び、3枚の外花被片と3枚の白い花弁状の内花被片、6本の雄蕊をもつ花を生じる。内花被片は外花被片より長く、外花被片の先端がとがる。

分布と生育環境[編集]

日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、山林の樹陰に生える。外国では、朝鮮、中国、樺太に分布する。

近縁種[編集]

参考文献[編集]