ミヤマイラクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマイラクサ
Laportea cuspidata 2.JPG
福島県会津地方 2013年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: イラクサ目 Urticales
: イラクサ科 Urticaceae
: ムカゴイラクサ属 Laportea
: ミヤマイラクサ L. cuspidata
学名
Laportea cuspidata (Wedd.) Friis[1]
シノニム
  • Laportea macrostachya (Maxim.) Ohwi[2]
和名
ミヤマイラクサ(深山刺草)[3]

ミヤマイラクサ(深山刺草、学名:Laportea cuspidata )は、イラクサ科ムカゴイラクサ属多年草[3][4][5]

特徴[編集]

は緑色で、直立して、高さ80-110cmになる。茎、花序にも刺毛があり、触れると痛い。葉は互生し、長い葉柄があり、葉身は円形から広卵形で、長さ8-20cm、幅5-15cmになる。縁は粗大な鋭鋸歯になり、下部のものは小さく、上部のものは大きくなり、葉の先端はやや尾状に伸びる[3][4][5]

花期は7-9月。雌雄同株。雄花序は、下方の葉腋から出て、多数分枝して長さ5-10cmの円錐状になり、多数の雄花をつける。雄花は白色で小型、萼片が5個、雄蕊が5個ある。雌花序は、上方の葉腋から数本または多数立ち、分枝しないで長さ20-30cmに伸びて穂状になり、多数の雌花をつける。雌花は緑色で小型、花弁状の萼片が4個、花柱が1個あり白い糸状の柱頭が伸びる。果実は、長さ約1.8mmのゆがんだ楕円形状の痩果になる[3][4][5]

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道南部、本州、九州の福岡県に分布し、山地、亜高山の沢沿いや湿った林内、岩礫地に生育する[3][4][5]。国外では、朝鮮半島、中国大陸に分布する[4][5]

利用[編集]

春の、葉が完全に展開する前の若い茎は、山菜として利用される。「イラ」、東北地方の秋田県などではでは「アイコ」と呼ばれ、評価の高い山菜である。採取する場合、触れると痛い刺毛があるので、刺毛を通さない手袋やナイフ等を用意するとよい。若い茎を生のまま天ぷら煮物に、塩をひとつまみ入れて熱湯でゆでてから、おひたし、辛子和えや白和えなどの和え物、汁の実、などに利用する。葉はふつう捨てられるが、葉を細かく刻み、油で炒め、みりん醤油などで味付けをして煎りつけて、佃煮にする[6]

また、茎の繊維が強靭で、昔はこれを利用し布を織った[4][5]

ギャラリー[編集]

雄花序 
雌花序 
葉が展開しはじめた頃 
山菜として利用 

下位分類[編集]

  • コモチミヤマイラクサ Laportea cuspidata (Wedd.) Friis f. bulbifera (Kitam.) Fukuoka et Kurosaki - (シノニムLaportea macrostachya (Maxim.) Ohwi f. bulbifera Kitam.)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミヤマイラクサ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ ミヤマイラクサ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.346
  4. ^ a b c d e f 『日本の野生植物草本II離弁花類』p.4
  5. ^ a b c d e f 『新牧野日本植物圖鑑』p.50
  6. ^ 『食べられる野生植物大事典(草本・木本・シダ)』p.141

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本II離弁花類』、1982年、平凡社
  • 橋本郁三著『食べられる野生植物大事典(草本・木本・シダ)』、2007年、柏書房
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)