ミミカキグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミミカキグサ
Utricularia bifida.jpg
ミミカキグサの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
以下の分類はクロンキスト体系による
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: タヌキモ科 Lentibulariaceae
: タヌキモ属 Utricularia
: ミミカキグサ U. bifida
学名
Utricularia bifida
和名
ミミカキグサ(耳掻き草)

ミミカキグサ(耳掻き草、Utricularia bifida)は、タヌキモ科に属する多年生の食虫植物。またタヌキモ科タヌキモ属のうち、本種に近い生活体制をとるものを総称する名でもある。

分布[編集]

日本での本州以南や、中国からマレーシアオーストラリアに分布する。湿地の湿った地面か、ごく浅い水域に出現し、時に水田でもみられる。多くの都道府県にてレッドリストに指定されている[1]

形態、生態[編集]

湿原に生育するごく小型の植物であり、おそらく花が咲くまでは見つけるのが不可能に近い。茎は泥の表面近くを横に走り、地上部として小さなヘラ型の葉を持つ。葉は薄くて黄緑色、長させいぜい8mm、湿った地表に張り付いているのが普通。また匍匐茎から泥や泥炭の中に地下茎をのばす。この地下茎および時には地上葉にも捕虫嚢をつけ、ミジンコなどのプランクトンを捕食する。

花期は生育地の環境によって異なるが、おおむね7月-9月頃。高さ10cmほどの花茎を伸ばし、先端に黄色い花をつける。花はいわゆる唇形花で、その基部には真下に向いた距がある。花弁の基部には上下二枚の萼片があり、花後にはこれが残って果実を包む。その姿が耳かきに似るのが名前の由来である。

近縁種[編集]

  • ヒメミミカキグサUtricularia nipponica
  • ホザキノミミカキグサUtricularia caerulea
  • ムラサキミミカキグサUtricularia uliginosa

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ミミカキグサ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年8月25日閲覧。

関連項目[編集]