ミフェプリストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミフェプリストン
IUPAC命名法による物質名
11β-[p-(ジメチルアミノ)フェニル]-17β-ヒドロキシ-17-(1-プロピニル)-4,9-エストラジエン-3-オン
臨床データ
胎児危険度分類 X(US)
法的規制 -only (US)
投与方法 経口
薬物動態的データ
生物学的利用能 69%
代謝 肝臓
半減期 18 時間
排泄 糞便: 83%; 腎臓: 9%
識別
CAS登録番号 84371-65-3
ATCコード G03XB01
PubChem CID 55245
DrugBank APRD00432
KEGG D00585
化学的データ
化学式 C29H35NO2 
分子量 429.60 g/mol

ミフェプリストン (Mifepristone) は、1980年代からEU米国中国で承認、販売されている経口妊娠中絶薬。開発名「RU-486」。

概要[編集]

妊娠が継続するために必要なホルモンであるプロゲステロンの作用を止め、妊娠7週(49日;受精からは5週間相当)以内の超初期であれば妊娠を「終了」することができる。

正しく使用すれば掻爬等による器械的中絶よりも子宮損傷の危険など身体負担が少なく、自然流産に近い状態で中絶できる一方、膣からの多量出血や重大な感染症を起こす可能性もあり、また子宮外妊娠など異常妊娠での使用は禁忌であるため、医師による正確な事前診断および投与後の経過観察が必須とされる。

なお、服用者全員がこの方法で中絶に成功するとは限らず、5~8%程度の人は改めて手術による器械的処置が必要になる。逆に90%以上の妊婦がこの薬剤の内服だけで安全に中絶することができるために、現在では中絶手段の第一選択とされているが、日本では未承認のままであり、高リスクな掻破術がいまだに広く行われている。

国内での取り扱い[編集]

日本では未承認である。海外からの少量の個人輸入についてかつては黙認されていたが、生命のリスクもあるほどの健康被害の報告が相次ぎ、04年10月、厚生労働省は医師の処方箋または指示書に基づく場合以外を不可とする「個人輸入制限」を決定した[1]

しかし、在日中国人ルートで密輸入され国内に出回っていると経済誌ZAITEN2008年6月号が報じ、その後、警視庁が摘発した。

また、法的にも、人工妊娠中絶は母体保護法に基づき指定医の関与下で行われる場合にのみ例外的に認められているもので、妊婦本人が独断で使用するのは刑法の堕胎罪に抵触する。

脚注[編集]

  1. ^ 個人輸入される経口妊娠中絶薬(いわゆる経口中絶薬)について 厚生労働省<報道資料
    ミフェプレックス(MIFEPFEX)(わが国で未承認の経口妊娠中絶薬)に関する注意喚起について 厚生労働省<トピックス