ミハル・コヴァーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミハル・コヴァーチ(Michal Kováč、1930年8月5日 - )は、スロバキア政治家、元スロバキアの大統領(1993-98)。

リュビシャ生まれ。ブラチスラヴァ経済大学卒業。チェコスロバキア国立銀行などに勤務。1989年から91年までスロバキア社会主義共和国の財務相。1991年初頭、暴力に反対する公衆の創設に参加し、副議長に就任。1992年の総選挙後、チェコスロバキア連邦議会の議長となる。

1993年2月、新たに独立したスロバキアの大統領に、最大政党の民主スロバキア運動(HZDS)の支持を得て、選出される。しかし、HZDSの指導者ウラジミール・メチアルと対立し、1995年には党を除名される。また1995年8月、ドイツ当局から金融犯罪の咎で訴追されていた息子が誘拐され、オーストリアで発見される事件が起きた。スロバキアの情報機関の関与が疑われ、メチアル政権崩壊後の調査によれば、その関与を認めたが、司法当局は関係者の訴追を見送った。

1998年に大統領職を辞した後は、政界やメディアから遠ざかっている。

家族[編集]

弟のドゥシャン・コヴァーチは、歴史学者で、スロバキア科学アカデミー総裁を務めた。