ミハイル・リフィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミハイル・リフィッツMichail Lifits1982年 - )はウズベキスタン出身のピアニストタシュケント生まれ。ドイツ在住。

経歴[編集]

ウズベキスタンの音楽ファミリーに生まれた彼は5歳より音楽学校でピアノを始める。13歳の時ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でデビュー。

1999年から2008年までドイツ・ハノーファー音楽演劇大学に学ぶ。ここでKarl-Heinz Kammerling及びBernd Goetzke に師事。 また2005年イタリア・イモラ国際ピアノ・アカデミー「巨匠との出会い」でBoris Petrushanskyより師事。

2009年アメリカニューヨークカーネギー・ホールデビュー。

以降ニューヨーク・リンカーン・センターフランスパリルーブル美術館、イタリア・フィレンツェミラノ中国北京スイスチューリッヒなどで国際的に演奏活動を始める。 それ以外にもショパン・フェスティバルを含むフランス、ドイツ、ポーランド、イタリア、アメリカにおける国際フェスティバルに多数招待されている。

2011年ドイツのオーケストラDSO-Deutsche Symphonie-Orchester Berlinと協演。ベルリンデビュー。また同年キーボード・トラスト・プライズ・ウィナーシリーズより演奏が高く評価されロンドンのウィグモアホールにてデビュー。

2012年イタリアの名門DECCAユニバーサル・クラシックよりモーツァルトでCDデビュー。

受賞歴[編集]

  • 2003年 ティドーネ国際音楽コンクール優勝
  • 2004年 トレヴィーゾ国際ピアノコンクール優勝
  • 2006年 アントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール優勝
  • 2006年 リナ・サラ・ガラ国際ピアノコンクール優勝
  • 2009年 ブゾーニ国際ピアノコンクール優勝
  • 2009年 アメリカ ヒルトンヘッド国際ピアノコンクール優勝

参考文献[編集]

外部リンク[編集]