ミハイル・スコベレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミハイル・スコベレフ
Михаил Скобелев
M Skobelev.jpg
スコベレフ大将
渾名 白い将軍
生誕 1843年9月29日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 サンクトペテルブルク
死没 1882年7月7日
モスクワ
所属組織 ロシア帝国陸軍
軍歴 1861 - 1882
最終階級 歩兵大将
テンプレートを表示

ミハイル・ドミトリーエヴィチ・スコベレフ(Михаил Дмитриевич Скобелев、1843年9月17日1882年6月25日)は、ロシア帝国軍人。歩兵大将。コーカンド・ハン国の併合、露土戦争トルクメニスタンの占領等で活躍した。

経歴[編集]

ペテルブルク出身。中将の息子。パリのジラルデ寄宿学校で学び、数か国語を習得した。1861年、ペテルブルク大学に合格したが、同大学が学生蜂起のため閉鎖されたため、軍人の道を進み、近衛重騎兵連隊に配属された。

1863年、休暇で父の住むポーランドに向かったが、同地の蜂起の鎮圧に志願した。1864年、近衛グロドノ軽騎兵連隊転属を志願し、反乱軍残余部隊の鎮圧に参加した。1868年、参謀本部アカデミーを卒業し、トルケスタン軍管区に配属された。1873年、ヒヴァ遠征に参加し、1873年~1876年のコーカンド蜂起の鎮圧で活躍した。この結果、コーカンド・ハン国はロシアに併合され、同地にフェルガナ州が設置され、スコベレフは、総督兼軍司令官に任命された。8年間に渡る総督在任時、同化政策を推進した。この間、少将に昇進し、金製武器、四等及び三等聖ゲオルギー勲章を授与された。

1877年1878年露土戦争に志願。この時、スコベレフは、敵の的になりやすい白馬に乗り、白い制服、白い制帽を着用したため、兵士達から「白い将軍」と呼ばれた。スコベレフ指揮下の部隊は、露土戦争中、ロフチャ郊外の戦い英語版で勝利し、2度のプレヴナ強襲ロシア語版、バルカン山脈超えの冬季遠征ブルガリア語版シェイノヴォ郊外の戦いロシア語版に参加し、サン・ステファノを占領した。この功績によりスコベレフは、中将に昇進し、大きな名声を得た。

1880年1881年第二次アハル・テケ遠征ロシア語版英語版隊を指揮し、アシガバート近郊のGeok Tepe要塞に立てこもるアハル・テケ・トルクメン人トルコ語版英語: Akhal Teke Turkmens)と戦い、トルクメニスタンを占領した。この功績により、歩兵大将に昇進し、二等聖ゲオルギー勲章を授与された。スコベレフは、ロシアをスラブ世界のリーダーと考え、スラブ人国家の統合を夢見、また、オーストリア・ハンガリードイツをスラブ人の敵と見ていた。彼の見解は、国際情勢を複雑にする恐れがあったため、アレクサンドル3世は、スコベレフを欧州から召還した。1882年、心臓麻痺により死去。

1912年モスクワのトヴョールスカヤ広場に記念碑が建てられたが、1918年、ソビエト当局の命令により撤去された。

参考資料[編集]

  • "Деятели отечественной истории. Биографический справочник", Шикман А.П., Москва, 1997年