ミネラル (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミネラル
Mineral
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス
ヒューストン
ジャンル エモ
ポスト・ハードコア
インディー・ロック
活動期間 1994年 - 1998年
2014年 -
レーベル Crank! Records
メンバー
クリス・シンプソン
スコット・マッカーバー
ジェレミー・ゴメス
ガブリエル・ワイリー

ミネラル(Mineral)は、1994年から1998年にかけて活躍したテキサス州出身のエモバンドである。サニー・デイ・リアル・エステイトらと共に、90年代のポスト・ハードコア/エモ・シーンを牽引したバンドである。

2014年5月に突如再結成が発表され[1]、全米、全英などを周るツアーを行った[2]。また同年10月には日本ツアーの開催や日程も発表された[2]

来歴[編集]

U2、Red House PaintersやBuffalo Tomといったアーティストに影響を受けたフロントマン、クリス・シンプソンを中心に、ヒューストンで結成。その後オースティンに活動拠点を移してから全米中でライブ活動を展開。

結成から1998年に解散に至るまでの僅か4年の間に、3枚のシングル「Gloria/Parking Lot 」(1995年Caulfield Records)、「February/M.D. 」(1996年Caulfield Records)、「&Serenading/Love My Way (Psychedelic Furs)」 (1997年Crank! Records)、現在もエモシーンの第1線を走り続けるジミー・イート・ワールド、 2004年に惜しまれつつも解散したSensefieldとのスプリット作品「Crazy (Willie Nelson)」(1997年Crank! Records)、2枚のアルバム「The Power of Failing 」(1997年Crank! Records)、「EndSerenading」(1998年Crank! Records。プロデュースはマーク・トロンビーノ)をリリース。不安定ながらも叙情的なメロディーを歌い上げるクリス・シンプソンのヴォーカル・スタイルは、現在のエモスクリーモのヴォーカル・スタイルに多大な影響を与えたと言われる。2010年、『The Power of Failing』『End Serenading』に、レア音源を多数収録したデジタル・リマスター盤が日本でリリースされた。

脚注[編集]